無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
駿佑
きあん?行けるの?
きあん
うーん
駿佑
やめるか?
きあん
うーん
駿佑
どっちやん?
きあん
止めるほどの理由もないし、
行くほどの元気もないよ
駿佑
んじゃ、やめな?
きあん
しゅんすけは?
駿佑
きあんが行くならいくし、行かんなら行かん
きあん
なら行く
駿佑
無理せんで。
カラオケに行くか、行かないかで、ずーっとこの会話。
長尾
んで?きあん、まだ悩んでんの?
きあん
うん、、、
けんとは?
長尾
行くよ
きあん
じゃあ、しゅんすけ連れて行ってあげてよ
駿佑
オレのことはいいから。
長尾
行こうや
きあん
いってらっしゃい
僕らは、高校2年。
きあんとオレは、3組。
長尾は5組。


今日は、オレの友だちとカラオケに行くことになってる。きあんも一緒に行く予定だったんだけど、、、


きあん、ちょっと具合悪そう。
心配やから、遊びに行くのやめて、帰ろうか?