無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
駿佑
まだか?
きあん
もーちょい
駿佑
ええやん、そのままで
きあん
あかんやん
駿佑
え?オレとさ、帰るとき、そんな事をしたことないよね?
きあん
ないよ。
きあん
かわいく出来てる?髪
駿佑
髪がかわいいか、どうかなんて、わからん
きあん
恭平くんのこと、わからんの?
駿佑
わかる訳ないやろ
きあん
けんとー??
しゅんすけじゃーあてにならんのよ
長尾
あー?なにー?
きあん
どう?
長尾
おーかわいい、かわいい😍😍
きあん
ほんと?じゃ、これで、行ってくる
駿佑
え?1人で行くの?
きあん
しゅんすけも、行くの?
初デート??
駿佑
あ、そうか、、、行ってきなー
早く帰りなよ
あ、恭平がいるからいいのか、、、
でも、遅くならんといてな。
言えんことせんといてな。
あ、でも、、、
なんでも知りたいきもするし、、、
きあん
なに妄想してる?
会うだけや
きあん
まだ、揉まんやろ?
駿佑
ほんま?
長尾
道枝、、、壊れてるよ


きあんは、どこに持ってたのか、ピアスをつけてた。


オレの、かわいい きあんやと思ってたのに。