無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

30 メロス【恭平】
おっせーな。
おっせーな。
おっせーな。
おっせーな。
おっせーーー!!
長尾
あれ?恭平くん!
マジでムカついてんだけど?
この高校、すげージロジロ見てくるな。


あ?💢💢


ってほぼ、キレてるところに、長尾。
助かったよ、、、
恭平
道枝は?
長尾
出て行ったんじゃない?
恭平
いや、そんなわけない、
ここにずっといる
長尾
見てこようか?
恭平
呼べ!ここから
長尾
きあんが休んでるから、マッハで帰ったんじゃないかな?
恭平
どんな事?
長尾
きあんが何か困ってるかもしれないからって。食べるものとか、飲む物とか、いっぱい持って行くんだよ
恭平
きあんは、親いないの?
長尾
うん、1人なんだよ
恭平
パパのとこに行くって?
長尾
そう。もうすぐって言ってた。聞いたんだ?
恭平
道枝知ってんの?
長尾
わかんないけど、昨日は会えたみたいだったよ。今日少し安定してたから。
恭平
わかんの?
長尾
うん、すぐわかる





そっか。





オレ、なんにも知らないんだな、、、





恭平
帰るわ
長尾
恭平くん、きあんのこと、それでいいの?
恭平
うん、仕方ないよ
きあんが、終わらせたよ
長尾
そうなの?
恭平
オレ、チャラい割には、きあんには、なにもしてないよ。手繋いだくらい
長尾
してるよね?それ。
恭平
そうか?
恭平
道枝は、サウジ行くこと、知ってんの?
駿佑
知ってるよ
恭平
あ!待ってたんだよ
駿佑
ごめん、急ぐから。
駿佑
オレ、やっぱ、無理だわ
恭平
まてって
長尾
しゅんくん!!
駿佑
オレ、きあんが無理って言っても、
やっぱ言う。
恭平
走るな💨💨
駿佑
間に合わねーじゃん
恭平
なにに?
駿佑
日暮れかな?
長尾
メロス?



かっこいいよ、道枝



そーゆー男になりたいよ