無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12 孤独【きあん】
しゅんすけ。
出て行く時、背中を見せることなんてなかった、、、
なに?


急に冷たくされると、孤独を感じる、、、


家には誰もいない。








困ったことあったら、言えよ



いつも、そう言ってくれてた。
家の鍵も預けてあって。。。

しゅんすけの親にもいつも守ってもらった。



朝も晩も、必ず顔を見せてくれるしゅんすけ。
安心する。ホッとする。



なのに、あの背中、、、



なによ。



カチャン



足元にしゅんすけに預けてある鍵。





え?


ワザと?


独りぼっちにしないでよ。



もう、しゅんすけは、あたしのこと、守ってくれないの??
きあん
ウソつき