第54話

~vs伊達工~
『ゴーゴーレッツゴーレッツゴー伊達工!!』



伊達工の応援でこの会場が呑まれていくのがわかる。みんなの空気が…重く感じる。



アップ中でもうるさいって…アリですか?





そんなことをボールを出しながら考えていると、







西谷 「ん ローリングッサンダアアアッアゲインッ!!」






『!?!?』







西谷先輩は『ローリングなんちゃら』と大声でいいながら回転レシーブをしてみせた。





今の…普通に取れた気が…。






田中 「ノヤっさんナイスレシーブ!キレッキレじゃねーか 技名以外」

西谷 「技名もキレキレだろうが!!」

日向 「アゲインも教えてええ!!!」

影山 「前のとなにが違うんですか?」

澤村&菅原 「また西谷は…」

東峰 「こらこらこら西谷また大地に怒られるよ…!」





でも、西谷先輩のお陰で少し雰囲気が和らいだ気がした。





西谷 「よっしゃあ!!心配することなんかなんもねぇ!!皆 前だけ見てけよ!!背中は俺が護ってやるぜ」





私と余り変わらない身長。
なのに、先輩だからだろうか…いや、西谷先輩だからかな?凄く頼もしい。

守備だけでなくリベロの重要な仕事…それはコートの後ろからのチームの鼓舞。

さすが、西谷先輩だ。






そして、試合開始…






1セット目
3ー2



1点差で勝っている…さすが伊達工。
徹底されたリードブロック、ブレがない。




だがしかーしっ!





トビと日向の変人速攻はどんな神経尖らしてもリードブロックじゃ届かぬまい!!





ピッ





『よっしゃあ!!』


あなた 「やったやった!!」




岩泉 「出たよ ゙バケモノ速攻 ゙」

及川 「ほんと天才ムカつくわ〜」




2人の言葉を聞いて勝手ににやにやしてしまう私。




岩泉 「お前のこと褒めてねーぞー」

あなた 「だって!嬉しいじゃん!」

及川 「なんであーいうトスできるかな〜」

あなた 「お兄ちゃんと岩ちゃんならできるんじゃない?…阿吽の速攻!!なんつって」

岩泉 「俺、目つぶるの無理だわ」

及川 「岩ちゃんの顔面に当てそう」

あなた 「はははっ」





そのまま烏野がリードをして1セット目をもぎ取る。






伊達工、変人速攻まで触るとかどうかしてる…!?


1セット目、取れたのはいいものの伊達工はじわじわと日向が打ったボールに飛びつく。

けど、それが囮だったりするからリードブロックは崩壊しかけていた。




2セット目、両校20点台にのり点の取り合いが続く。






バチッ




『!?』





あの、眉無しの人…とうとう手のひらで触った。
けどそのボールは吸い込み。





そして烏野のマッチポイント…