第9話

~邪魔しないでよ~


武田先生のポエミーな話のあと、トイレへ向かってると…




金田一 「そんで次は絶対に俺たちが勝つ!!」

影山 「…次も」



日向 「フンフンフ~~~ン♪」



影山 「!?」



日向 「べんじょべんじょべんじょべーん♪おれは!だ~~れ?エースッ!になる男~~♪…あ゛!?」




歌を歌ってスキップしながら反対側から日向がやってきた。



あ、ほんと馬鹿だ。




影山 「…」

金田一 「…」



影山 「金田一…次戦う時も勝つのは俺達だ」





あー…ほんとに前のトビとは違うんだ。



日向 「泣いた?」

影山 「!? 泣くかバカ!!」

あなた 「日向トイレは?」

日向 「あ、そうだった」






澤村 「…武田先生はああ言ってくれたけど、いくら日向と影山のコンビが優秀でも正直、周りを固めるのが俺たちじゃあまだ弱い。…悔しいけどな」

? 「おお〜さすがキャプテン!ちゃんとわかってるね〜」




あなた 「お兄ちゃん…帰るから邪魔しないで。」

田中 「なんだコラ」

日向 「なんの用だっ」

田中 「やんのかコラ」

日向 「やんのかァコラァ」


及川 「そんな邪険にしないでよ〜アイサツにきただけじゃ〜ん」



あーもうまじ、ぶん殴ろうかな…



及川 「俺はこの ̄くそ可愛い後輩を公式戦で同じセッターとして正々堂々 叩き潰したいんだからサ」



あなた 「あ〜の〜ね〜」

清水 「あなたちゃんどうどう」



及川 「大会まで時間は無い どうするのか楽しみにしてるね あと、あなたいちいち俺の話してることに突っ込まない!」

あなた 「ほんっとに…もう2度と青城なんか来るかっ!!」




はぁ?腹立ち過ぎて今自分がどんな顔してんのかわかんないんだけど…?



山口 「及川さん…すごい顔…。」

あなた 「ごめん…すぐ収まるから…」



引きずった顔で言ってくれた山口くんに謝りながら収めようと頑張っていた。




澤村 「そろそろ戻ってくる頃なんだ…烏野の守護神」





あなた 「え!?リベロいるんですか?」

田中 「おう!」

あなた 「へぇ!!」




楽しみだなぁ…!!




帰りはもう暗く部員の何人かで坂ノ下商店に行った。




トビと日向と田中先輩はぐんぐんバーを貰って満足そうに店から出てきた。




田中 「影山ってなんで烏野にいるんだっけ?」

影山 「…」

田中 「県内一の強豪つったらやっぱ白鳥沢だろ」

日向 「しらとり?」




もぐもぐしながら日向は問いかけた。


白鳥沢も知らないのか!?
ほんとに小さな巨人だけだなぁ…




田中 「白鳥沢学園っつう県ではダントツ全国でも必ず8強に食い込む強豪校かあんだよ」

日向 「ほーっ!」



影山 「…落ちました白鳥沢」



そんな自信満々に言うなや…



田中 「落ちた!?」

影山 「白鳥沢から推薦来なかったし一般で受けて落ちたんです。試験が意味不明でした。」




うん。だろーね。頭悪いもんね。トビ。





澤村 「あそこは普通に入ろうとしたら超難関だもんな…」


月島 「へぇーっ勉強は大したことないんだネ~~~」

影山 「チッ」




否定が出来ないから舌打ちしてる…。




あなた 「ぶふっ…あははっ」

影山 「お前は〜なんでこの話すると笑うんだよっ!」



そう言われたので真顔になることにした。



あなた 「すいません。なんでもありません。」

影山 「!?」





日向 「で なんで烏野?まさかお前も小さな巨人に憧れて!?」

あなた&影山 「…引退した烏養監督」

影山 「!!」

あなた 「でしょ?」




そう言って、ドヤってみた。




あなた 「凶暴な烏飼ってる監督だって有名だったんだよ?」

日向 「へ〜」



菅原 「そーいえば、及川さんはなんで?」

あなた 「え?」

菅原 「まぁ兄貴嫌いなのは分かったけど、北川第一って青城に行くやつ多いだろ?及川さんはなんで烏野に来たんだ?」

あなた 「っ…えっと~」



目が泳ぎ…何も言えずにいた。



あなた 「中学の頃…いじめられてて…」



苦笑してそう言うと、



菅原 「ご、ごめんごめん!!変な事聞いたっ!」



両手を合わせて菅原先輩が謝ってきた。



あなた 「あ、いえいえいえ!全然っ!大丈夫ですよ!」





菅原 「何が…あったか、話してくれる?」