第4話

~最初の印象とは裏腹に~
『勝負して勝ったら入れてください!!』



あなた 「!?」


田中 「とか言ってきそうじゃないっスか?アイツら」




あー確かに…






『キャプテン!!!』


影山 「勝負させてください!!」

日向 「俺たち対先輩たちとで!!」




ほんとに言ってきやがった〜

よし、笑うのは堪えようとしよう。



せーのっ

『ちゃんと協力して戦えるって証明します!!!』




いや、せーのって聞こえましたけど…





あなた 「ぶふっ…」

菅原 「こーら」





そう言われながら頭をコツンとされた。






澤村 「試合ゲームは土曜の午前 ̄」





あーあ…今の2人に勝てる気がしないんだが





田中 「ん゛ほんっ 明日も朝練は7時からですよねーっ!?」

菅原 「え、うん。そうだけどイキナリなんだよ」

田中 「エッいやっあっきょっ教頭のヅラは無事だったんですかね!?」





わざとらし…




『朝5時。』



はやいな…





苦笑いしながらそう思っていると、田中先輩の方に歩いて行った。



あなた 「明日5時n…」

田中 「しーっ」





人差し指を前に出して私を黙らせた。





あなた 「私も行っていいですか?」

田中 「大丈夫か?5時に学校だぞ?」

あなた 「はい!」

田中 「じゃあ明日なっ」

あなた 「お疲れ様でs…あっ」

田中 「ん?」

あなた 「迷惑かけてすみませんっ!」

田中 「なんで及川さんが謝るんだってか、後輩なんだから迷惑かけて当たり前だ!」

あなた 「あ、ありがとうございます!!」




胸に手を当てながらそう言っていた田中先輩が凄く頼もしく見えた。

全然怖くなんかないじゃんか…!

よっぽどキャプテンの方が怖い…







トビの所まで行くと、下を向きながら歩いていた。





あなた 「大丈夫?」

影山 「ん、あぁあなたか」

あなた 「体育館でボール触れないなんてかわいそっ」

影山 「っ!!」

あなた 「まぁ勝てばいいんだよっ!ちゃんとチームメイトとしての自覚持たなきゃ」

影山 「わかってる…!」




そう言って早歩きで私の前を歩いてしまった。


わかってなさそうだから言ったんだけど…









~朝4時~


及川 「あなたどこいくの?」

あなた 「あれ?お兄ちゃんこそ」

及川 「俺は走りに行ってくる」

あなた 「私は朝練」

及川 「朝練!?早すぎない!?」

あなた 「あーちょっと色々あって」




そう言うと、お兄ちゃんは「そっか、じゃあ気をつけてね」と優しい声で言ってドアを開けて走りに行った。




お兄ちゃんにとっては最後の年だもんね。

でも、負ける気はない。





日向 「…予想はしてたけど…鍵…閉まってる…」

影山 「…じゃあ入れる窓探す」

あなた 「あ、それならもう少しd…」

田中 「やっぱキッツイな~~~5時は。まだくれえよ」

あなた 「あ、おはようございます」

日向 「田中さん!?」





田中先輩はニヤリと笑い




田中 「7時前には切りあげろよ?」





と言って鍵を差し出した。




か、かっけえええええ!!







日向 「ボエーーッ」






あー日向くんはレシーブ苦手なのか〜



日向 「時間なくなっちゃうじゃんか!スパイクも打ちたいジャンプしたい!!」

影山 「そこらで跳ねてろ!!!」




まーた喧嘩してる。止めるのもめんどくさい





田中 「おい オマエら!…ひとつ言っておく」

『?』

田中 「…大地さんは普段優しいけど怒るとすごく怖い すごくだ。」





うん、知ってます。

あの人のキレ顔…背筋がすぅってなる




?「おー!やっぱ早朝練かぁ」


『!?』


菅原 「おース」

田中 「スガさん!?なんで…!」

菅原 「だってお前昨日明らかにヘンだったじゃん いつも遅刻ギリギリのくせに鍵の管理申し出ちゃったりしてさぁ」

田中 「えっ…!?あっ…!くっ…!」





そうだったのか…すんごく優しいじゃん…!!!



菅原 「あーれ?及川さんもいんの?」

あなた 「あ、はい!」

菅原 「眠いだろぉ?」

あなた 「大丈夫です!!」




心配してくれる…!!
凄く優しいじゃん…!!






早朝練が終わり、教室に向かう。






あなた 「あんな言い方していいの?」

影山 「俺はホントの事を言ったんだ」

あなた 「まぁそうなんだけどさ…」

影山 「…」

あなた 「逆戻りしちゃうよ。」

影山 「…俺は上手い。」

あなた 「知ってる」







相変わらず…ですなぁ。