第14話

~エースは弱いんじゃない…~
東峰 「…」

『…』




東峰 「なんで一緒に練習したこともない俺が気になるの?今のメンツであの青葉城西に勝ったんだろ?西谷も無しで」


日向 「あっアサヒさんが戻ってこないと2・3年生が元気無いから!!ですっ」




『!?』



影山 「声でけーよ」

あなた 「日向…声のボリューム…!」




東峰 「フハッ面白いなお前ら」



そう言って、旭先輩は笑った。



東峰 「けど、悪いな 俺は高いブロック目の前にしてそれを打ち抜くイメージみたいなのが全然見えなくなっちゃったんだよ…必ずシャットアウトされるかそれにビビって自滅する自分がよぎるんだ…」



あ、また辛そうな顔…。




日向 「…1年の…ち…チビにこんなこと言われたら生意気って思うかもですけど゙」

東峰 「思わないよ なに?」



日向 「おれ それわかります」




凄く自信満々にそれを言うものだから少しクスッと笑ってしまった。




日向 「おれ 背が低くて技術も無いからブロックに捕まってばっかで でも今は影山コイツのトスがあるからどんな高いブロックもかわせます!ブロックが目の前から居なくなって ̄ ̄ ̄ネットの゙向こう側゙が ばぁっと見えるんです!」





なんか、日向も変わった気がするな…。





影山 「お前もっとまとめてから喋れよ」

あなた 「んーまぁわかりづらいよね」

日向 「エ゙ッ」





日向 「だから皆 ̄ ̄アサヒさんを゙エーズって呼ぶんだ」



東峰 「…!」



あなた 「日向~帰るよ~」



呼んでも引っ張っても帰ろうとしない…




影山 「早く来いアホ遅刻するっ」




日向はトビに叩かれてとぼとぼ歩いていく。






影山 「…あの」



東峰 「?」




影山 「1人で勝てないの当たり前です。コートには6人居るんだから。…俺もソレわかったのついこの間なんで偉そうに言えないっすけど…失礼します。」





うおおおお、ほんとに最近トビの成長が早い。




あなた 「旭先輩…」


東峰 「?」


あなた 「まだ、怖いだけなら大丈夫です。怖いのは弱い証拠じゃないですから。バレーが好きなら尚更そんなのへっちゃらだと思います!」



東峰 「…」





旭先輩は私のセリフを聞いてフリーズしている。

あれ?私なんか変なこと言ったかな?





東峰 「俺の事…怖くないの?」





怖い?





あなた 「あ、あぁ…見た目?ですか?」

東峰 「うん…」

あなた 「見た目は…最初ちょっと怖かったけど、中身はそんなことないし、とても仲間思いだって事知ったので!全然怖くないです!…あっ遅刻する!じゃあ部活来るの待ってますね!」






そう言い残して、3年生の教室の前を後にした。