第33話

~うちのマネです~
澤村 「集合!」




だ、だだだ大地っ先輩っ…!?





澤村 「挨拶!」


『お願いしアス!!』

『しアース!!!』





澤村 「あなた〜」

あなた 「!?…お、お久しぶり、です。」

澤村 「なんで、電話切ったんだ?」

あなた 「そ、それは…」




や、やばい…笑顔だ。
怖い怖い怖い…!!





菅原 「まぁまぁ大地、夜だったし眠かったんだろ」





大地先輩の肩を掴みながらの菅原先輩のフォロー。





澤村 「…」

あなた 「っ…」





ジッとこっちを見ている大地先輩に対して私は目を逸らして冷や汗をかいてしまった。





澤村 「で?今日はこっちに戻るんだよな?」

あなた 「あ、当たり前d…!!??」




私の肩に誰かの腕が回る。



黒尾さんだった。





黒尾 「この子はまだうちのマネです」

あなた 「………は!?」






笑顔でそう言うから一瞬思考が止まった。





影山 「あなた…」

あなた 「あ、トビ…」

影山 「このボケ ェ……」



な、泣いてる!?




黒尾 「泣いてもダメだぞー」

研磨 「クロ、あなたが可哀想。離しなよ。」

あなた 「研磨くぅん…」





日向 「研磨!!」

研磨 「あ」





研磨くんは日向に呼ばれて向こうに行ってしまった。

味方が…。





菅原 「あなたはうちのマネですけど?」

黒尾 「別にもう1人いんだからいいだろ」

菅原 「それとこれとは…」

黒尾 「どうせ、こいつより向こうの大人しそうなマネちゃんの方が働くだろ?」

菅原 「はっ!?」

あなた 「おぉ?まじ、黒尾さんぶん殴る」

黒尾 「あなたさん落ち着きましょう」

あなた 「うんるせっ!わたしゃあ烏野なんじゃい!」

黒尾 「知ってんだよそんなこと!」





結局、今日まで音駒のマネとして働くことになりました。





あなた 「…」

研磨 「あなた?」

あなた 「あのね、黒尾さん酷いんだよ。」

研磨 「どうしたの?」

あなた 「私、全然働けないって言うの。」

研磨 「そんなことないよ?」




私の頭を撫でながら研磨くんは慰めてくれる。




あなた 「……ほんと?」

研磨 「うん」

あなた 「ありがとう…」




研磨くんは優しいなぁ…





黒尾 「なぁ…向こうの主将食えないタイプの奴だろ」

あなた 「…」

黒尾 「??…おい」

あなた 「…」

黒尾 「はぁ…」




黒尾さんはため息をついてこちらに向かってくる。





黒尾 「お前のこと働けない奴なんて思ってねーから」

あなた 「っ…」

黒尾 「こっちにいて欲しいから嘘ついた。ごめんな」

あなた 「私は烏野がいい。」

黒尾 「知ってる。今日で俺らは東京に帰るんだ。少しくらいわがままいいだろ」

あなた 「………許す。

黒尾 「どーもっ」






また黒尾さんは歯を見せて笑う。

私はこの笑顔に弱いんだ。