無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

5×20
あなた
「…松潤何してるのかな?」




松本
「うぉ!ビックリした(笑)」



あなた
「あ!ごめん(笑)」



松本
「コレが気になるの?」



相葉
「気になるー!」




松本
「いや、相葉くんに聞いてない(笑)」



大野
「気になるー!」



松本
「あのー(笑)」




二宮
「あれ?それって」



櫻井
「今度やるツアーの?」



松本
「そー、色々考え始めないとね〜」



相葉
「早いなぁ。もう20周年か〜」


大野
「あっという間だったね」


櫻井
「ほんと、あっという間だったな」


二宮
「俺ももう35になりましたし」



あなた
「早いねぇ…20年は」



松本
「確か、あなたがマネになったのって
10周年向かえた年だったよね?」


あなた
「あ!そうかも!って事は」



相葉
「あなたは10周年だね!」


櫻井
「おめでと!」



二宮
「おめでとぉ〜」



大野
「そして、いつもありがと!」



松本
「これからもお世話になります!」




あなた
「こちらこそ!これからも
よろしくお願いします!」








相葉
「グゥゥゥゥ…( ´-` )」


松本
「え、この雰囲気で(笑)」


相葉
「だってお腹すいたんだもーん!」


櫻井
「俺も!」


二宮
「じゃ、食べますか」


大野
「今日はなーんだ!」





「ヾ(*´∀`*)ノワイワイ」





あなた
「もう10年たったのか…
早いなぁ」



大野
「いただっきまー…」


二宮
「これ貰いマース」


大野
「ちょ、それオラが1番食べたいやつ〜!」


櫻井
「あー、でた。おかずの取り合い(笑)」


松本
「またですか(笑)」


相葉
「じゃ、俺ももーらい!」


大野
「おい!コラー!」




二宮・相葉
「ギャー!逃げろー!」



あなた
「ちょっと子供じゃないんだから
大人しく食べてよ!(笑)」



二宮・相葉
「すいませーん」



松本
「ほら、あなたも食べようぜ!」


櫻井
「ここ座る?」


あなた
「うん!ありがと!」





こうして何気ない1日が

終わりました





あなた
「これからも嵐のマネジャーで
いられますように✨✨」


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

c h o c o .
c h o c o .
🐢 更 新 。 し ば ら く 無 。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る