無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

778
2018/09/09

第32話

第26話 小さな恋の歌
みやかわくん
みやかわくん
いいこと考えた
あなた

何!?

みやかわくん
乱行パーティーするフリは?
テオくん
ちょ、お前ばか?
みやかわくん
あー、でもあれか。じんたんはやめたくないんだ。
あなた

あ、そうだ…

テオくん
助けて欲しい?って聞いたのに答えなかった。
あなた

私たち、もう、ほっとくしかないんだ。

~ 体育館倉庫 ~
ゆり
あっ…んあ…っふ…じん…
じんたん
ゆ、り…イく…っ
ゆり
いいよぉ…んぁぁっ///
じんたん
もう一回?
ゆり
うん♡
じんたん
じゃあ、挿れるよ?
ゆり
あんっ…///
じんたん
あ、のさ、おれら、つき、あわね?
ゆり
突き、ながら、ぁ、いう、?w
じんたん
ごめ、でも、ど、う、?
ゆり
いいよっ…あっ、んっ…あぁん…///
じんたん
よし、終わろう。
ゆり
そうね、教室行きましょ。
じんたん
あ、その前にこれつけて。
ゆり
バイブレーター?まぁ、いいけど。
じんたん
じゃあ、おけ。いくよ?
ゆり
んぁっ!待って!
じんたん
何?
ゆり
強い…っ…
じんたん
え?これ1だけど?
ゆり
う、そっ…んあぁっ…///
じんたん
あ、ヤったあとだから敏感なのかなぁ?
ゆり
外しなさいよっ///
じんたん
俺をあいつらの前で恥かかせた罰だね。まぁ、付き合ってるんだし、これくらい、ね?
ゆり
うっ…んぁ…ふぅっ///
じんたん
かーわいい。しょうがないから教室入るまで止めてあげる。
ゆり
あり、がとうっ