無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

撮影
















黒瀬side






















「高橋さん黒瀬さんお願いします」


















高黒「はーい」




























「今回のテーマはカレカノなのでじゃぁ、まず、」



















え、マジすか←

















恭平とですか←































「まず、黒瀬さんがしゃがんで、高橋さんが黒瀬さんのことをバックハグ。で行きます」






















え、


























うちぃ、心臓もたないよっ!?!!!!






















ねえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!































いくら恭平やからって、、、←









































高橋「あなたはよして、」(バックハグする)





























ほえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


















行きますよぐらいゆってぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!




















めっちゃキチガイなってるよねうち、笑!!!!!!





















「はい、そのままで笑って、、」


















ちょ、長い長い!!!!!!!!!!!!!!!!!!

























心臓もたへんって!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

























「そのまま2人で見つめあおうか、」


























ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!


















あぁー、もう、黒瀬さん死亡するわ、笑





























高橋「何ブツブツゆってんねん、笑」

























え、聞こえてたん????←
















心の中でゆってるつもりやねんけど←




























『しゃべるな、笑』





























え、この状態で喋らんといて貰えます????←
























恭平の顔との距離10cm















































NEXT