無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

5,734
2020/01/09

第13話

13
あなたside
私の足に力が入らなくなった後、ころんはすぐに私を病院に連れていった

今は審査を受けて待っている所
ころん
ころん
ねぇ…あなた
あなた
あなた
ん?どうした?
ころん
ころん
何であんな事言ったの?
あなた
あなた
………
ころんが言ってる「あんな事」って言うのには心当たりがある

病院に来る前、保険の先生に聞かれた

「どうしてこうなったの?」って

それに私は「階段から落ちた」って答えた

だから先生は落ちた私をころんが助けたと思ってる
ころん
ころん
あのまま本当の事言ったら終わってたかもよ、いじめ
あなた
あなた
ころん…あのね…
あなた
あなた
もし、言ったら先生はクラスの奴らに聞くでしょ?
あなた
あなた
でも、私達は以外の生徒が嘘をついて「やってません」って言ったらさ
あなた
あなた
私達が嘘つきになっちゃうでしょ
あなた
あなた
だから、まだ言っちゃダメなの
あなた
あなた
分かってくれる?
ころん
ころん
うん…
医師
あなたさん
医師
審査結果が出ました
あなた
あなた
はい
医師に言われて私達は部屋に入った
ころん
ころん
先生…あなたの足は…
医師
はい、一時的な症状ですので
医師
あと1日もすれば治るでしょう
あなた
あなた
そうですか、よかったです
医師
はい、では
医師
お大事に
私達は部屋を出た

よかったー!

一生歩けないとか言われなくて
ころん
ころん
あなた、明日は学校休むよね
あなた
あなた
ん?行くけど
ころん
ころん
は!だって足を休めないと!
あなた
あなた
やだよ!あいつらに負けたみたいじゃん!
その後、ころんと口論の末わたしが勝った!
ころん
ころん
でも、くれぐれも無理はしないように
あなた
あなた
分かってる、分かってる
〜そして次の日の朝〜
ころん
ころん
おーい!あなたー!
あなた
あなた
お!ころん!
ころん
ころん
学校行くぞ
あなた
あなた
了解!
私は車椅子に乗ってころんに押してもらう


超ラク!

そして、玄関に着いたあとも協力してもらって何とか教室に着いた

それで教室に入ったらクラスメート大笑い

「ダッサ」とか「車椅子じゃん」とか「私けが人ですアピールw」とか言ってくることはさまざま

でも、私のスルースキル半端ないから

何も聞こえてないよって感じで席まで行ったね

そして先生が来て私の説明(あと1日で治るとか)を言って朝は終わった

そして放課後
ころん
ころん
あなた、帰ろ!
あなた
あなた
うん、いいよ〜
大人組
大人組
おい!
あなた
あなた
ん?
ななもり
ななもり
まだ放課後やる事が残ってるじゃん
さとみ
さとみ
そうそう、屋上な
ころん
ころん
は?朝の話聞いてたの?
ころん
ころん
あなたは今、車椅子なの
ころん
ころん
屋上まで行けるわけないし
ころん
ころん
1日絶対安静なんだよ
おー、ころんが強くなってる

いけいけーころん!
ジェル
ジェル
じゃあ、お前が屋上に連れてくれば?
大人組
大人組
じゃあ、待ってるから
教室には私達だけになった

よし、私も行く((
ころん
ころん
あなた、帰るよ!
あなた
あなた
え?帰んないよ?
ころん
ころん
何で!
あなた
あなた
だって来いって言われたし
あなた
あなた
行かなかったら負けじゃん
あなた
あなた
それに、行かなかったら…
ころん
ころん
ん?行かなかったら?
あなた
あなた
あ、いや、何でも
行かなかったら…ころんが…いじめられる…
あなた
あなた
とにかく、無理はしない
あなた
あなた
ね?だから連れてって?
ころん
ころん
…………
ころん
ころん
何かあったら助けるから
あなた
あなた
よし!屋上に行こう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はここまでです!

それでは・△・)ノ バイバイ