無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

5,633
2020/01/18

第18話

18
るぅとside
ころちゃん、僕、莉犬で保健室に向かった

あなたを背負ってるのに、ころちゃんが1番速かった

保健室につくとベットにあなたを寝かせる


それを見て気づいた

あなたは…傷だらけだった

腕だって…すっごい細かった…

隣にいた莉犬も気づいたみたいで震えていた

何で…もっと早く気づいてあげられなかったのかな…







いや…ずっと前から気づいてたかな…

それを見て見ぬふりしたんだ…
莉犬
莉犬
ウ…ヒック…ヒック…グスッ…
莉犬は耐えられなくて泣いてしまった
るぅと
るぅと
莉犬…泣かない…でよ…
るぅと
るぅと
僕…だって…
るぅと
るぅと
ヒック…ウ…グスッ…グスッ…
ころん
ころん
え…え?
ころん
ころん
どしたの?え?
ころん
ころん
(•́ω•̀;≡;•́ω•̀)アタフタ
莉犬
莉犬
だって…ヒック…あなたに…酷い事しちゃった…から…
るぅと
るぅと
あなた…こんなに…傷が…グスッ…いっぱいで…
ころん
ころん
………
ころん
ころん
あなたに言ってみたらいいんじゃない?
ころん
ころん
その気持ちとか、謝ったりとかさ
ころん
ころん
ね?
るぅりいぬ
るぅりいぬ
うん…
あなた…ごめんね…

目が覚めたら…ちゃんと謝るね…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回はここまでです!

それでは・△・)ノ バイバイ