無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

過去…






私の名前は、














バーメイド ・ デミ
デミ・バーボン
バーメイド ・ デミ
私が小さな時、
バーメイド ・ デミ
決して丈夫な体とは言えなかった
幼い頃のデミ
「うぅ…ぐすっ…ひっく…」
でも、いつも兄がそばにいてくれて、
私を守ってくれた
デミの兄
「よしよし…泣いていいんだ。辛い時には思いきり泣け…」









デミの兄
「お兄ちゃんが守ってやる
絶対にな」














数年後



初めてその地に着いた時には分からなかった




ここは、かつて私達の先祖が住んでいた場所なのだと



兄が作る奇跡の酒、

「ドーフリン酒」
のお陰で、

私達に居場所ができた

だが、その酒のせいで兄は神秘の荘園に招かれ、





それから二度と戻ることはなかった…








程なくして、
神秘の荘園から一通の封筒が届いた。



中には奇跡の酒のレシピがあった












予兆…なのかもしれない












これからは、、













バーメイド ・ デミ
私が守る側になるのだ
そう私は決意し、
荘園への招待状を持っていった