無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
14
2020/05/22

第1話

はっつぁんの忘却
はっつぁん
はっつぁん
ご隠居ぉぉ!!
ご隠居ぉぉお!!
ご隠居
ご隠居
おや、はっつぁんじゃないかい。
どうした?そんな血相変えて。
はっつぁん
はっつぁん
ご隠居ぉぉお!
あっしでやんすよぉ!
蜂村塁でやんすよぉ!
ご隠居
ご隠居
お前の名前はしってるよ。
何だ?どうしたってんだい?
はっつぁん
はっつぁん
てーへんでやんす!
てーへんでやんすよぉ!!
ご隠居
ご隠居
だからどうしたんだ?
落ち着いて言ってみろ。
はっつぁん
はっつぁん
大変なことが起きたのでございます。
ご隠居
ご隠居
いや、それはわかったから、その中身を言えといってるんだよ。
はっつぁん
はっつぁん
中身?
はっつぁん
はっつぁん
はて?
ご隠居
ご隠居
ん?
はっつぁん
はっつぁん
あっしはいったい、何を言いにきたんでしたっけ?
ご隠居
ご隠居
お前さん何を言いにきたのか忘れてしまったのかい?
しょうもないねぇ。
はっつぁん
はっつぁん
あっしは、あっしは誰で?
ご隠居
ご隠居
ご隠居
ご隠居
お前は蜂村塁だよ。
さっき自分でいってたろうが。
しょうもないねぇ。
はっつぁん
はっつぁん
そ、そうでやんす。
あっしは蜂村塁でやんす。
ご隠居
ご隠居
だからその蜂村塁が私に何のようなんだい?
はっつぁん
はっつぁん
いやぁ、ご隠居、それが全く思い出せないんでやんすよ。
はっつぁん
はっつぁん
さっきそこのミニストップの角を曲がるとこまでは確かに覚えていたんでやんすが、
ご隠居
ご隠居
そこのミニストップ?
あぁ、そこはミニストップじゃなくてポプラだぞ。
はっつぁん
はっつぁん
ご隠居は何か心当たりないでやんすか?
ご隠居
ご隠居
そんなこと私が知るわけないだろ。
ご隠居
ご隠居
しかしお前の慌てっぷりは相当なものだったぞ。
何か大変な事があったんだろう。
はっつぁん
はっつぁん
いえ、今日は朝起きてクソしてこたつの中でYou Tube見てただけでやんす。
ご隠居
ご隠居
そんなことはないだろ。
何にもなきゃお前はいまごろまだYou Tubeとやらを見とるはずだ。
違うかい?
はっつぁん
はっつぁん
そんなこと言っても何もないもんはないんでやんすよ。
ご隠居
ご隠居
そうかい。
わかった。わかったから思いだしたらまた来てくれ。見ての通り私は今ツチノコを探してる最中なんだから。
はっつぁん
はっつぁん
はっ!!!!
ご隠居
ご隠居
ご隠居
ご隠居
どうした?
はっつぁん
はっつぁん
ああああぁ!!
ご隠居
ご隠居
思い出したか!?
はっつぁん
はっつぁん
思い出しそうになったでやんす!!
今、思い出しそうになったでやんすぅぅ!!
ご隠居
ご隠居
思い出してはいないんだな。
よし、わかった。
完全に思いだしたらLINEで送ってくれ。
じゃあな。
私も暇じゃないんだ。
はっつぁん
はっつぁん
ああああぁぁぁ!!!
はっつぁん
はっつぁん
思いだした!!
思いだしたでやんすぅぅ!!
ご隠居
ご隠居
なんだ?
はっつぁん
はっつぁん
あああぁぁ!!
忘れたでやんすぅぅ!!
ご隠居
ご隠居
そうか。
わかった。
お前はもう家に帰りなさい。
それがいい。
はっつぁん
はっつぁん
ほぼ思い出したと同時に忘れたでやんす。
その間わずか二秒でやんす!
ご隠居
ご隠居
わかった。
もういい。もうお前にはかまってられん。
こうしてる間にもツチノコはどっかに行ってしまう。
はっつぁん
はっつぁん
、、、