無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

5
2020/05/30

第5話

はっつぁんの情熱
はっつぁん
はっつぁん
ご隠居ぉ!
ご隠居
ご隠居
ん?
どうした?
はっつぁん
はっつぁん
あっし、本を買ったんでやんすよ。
ご隠居
ご隠居
そうか、読書とはいい心がけじゃないか。
お前さんも多少は教養を身に着けないといかんからな。
はっつぁん
はっつぁん
えぇ、しかしちょっと問題がありましてね。
あっし字が読めないで字の読み方ってのを教えてもらえませんかい?
ご隠居
ご隠居
いやぁ、教えたい気持ちはあるんだがなぁ、私は今高校生達にカツアゲされとるんだ。
だから後にしてくれないか?
はっつぁん
はっつぁん
へぇ。
そいつらはご隠居の友達ではなかったんでやんすね。
あっしはてっきりみんなで遊んでるのかと思ったでやんすよ。
ご隠居
ご隠居
それがそうではないんだ。
「金をだせ」とおどされているんだよ。
はっつぁん
はっつぁん
そうでやんすか。
それじゃあ、あっしは出直してくるでやんす。
ご隠居
ご隠居
ちょっと待っておくれよ、はっつぁん。
そいつはいくらなんでも薄情じゃないかい?
このままじゃ私はフルボッコにされるってのに見て見ぬフリかい?
はっつぁん
はっつぁん
でもあっしには何もできないでやんすよ。
ご隠居
ご隠居
ちょっとばかし用立ててくれればいいんだよ。
私は文無しなんだ。
それじゃあ彼らは許してくれないんだよ。
はっつぁん
はっつぁん
用立てるって、金でやんすか?
あっし金なんてもってねぇでやんすよ。
ご隠居
ご隠居
お前さんさっき本を買ったと言ってただろ?
その時金をもってたんだろ?
はっつぁん
はっつぁん
いやいや、ご隠居。
あっしは図書カードで購入したんでやんすよ。
ご隠居
ご隠居
その図書カードでいいから彼らにくれてやってくれないかい?
はっつぁん
はっつぁん
でも、彼ら図書カードなんているんでやんすか?
カツアゲするような連中が本を読むとは思えないでやんすよ。
仮に読むとしても万引きするにきまってるでやんす。
ご隠居
ご隠居
こんな時に的確な分析をするんじゃないよ。
ご隠居
ご隠居
私を助けるとおもって。
頼むよ。
はっつぁん
はっつぁん
嫌でやんす。
ご隠居
ご隠居
お前さんなにか勘違いしてないか?
何か渡さないとお前さんだってただでは帰れないんだぞ。
はっつぁん
はっつぁん
え!?
はっつぁん
はっつぁん
あっしもカツアゲされてるんでやんすか!?
ご隠居
ご隠居
そらそうだろ。彼らは5人もいるんだ、カモが二人に増えようがわけはないさ。
はっつぁん
はっつぁん
あっしはカツアゲとかは性に合わないんで断らせてもらうでやんす。
ご隠居
ご隠居
馬鹿か、お前は。
断れるんだったら私だってとっくに断っとるわ。
はっつぁん
はっつぁん
そうでやんすか。
ならしかたないでやんすね。
ご隠居
ご隠居
ご隠居
ご隠居
お、おい。はっつぁん。 お前さん、何する気だ?
はっつぁん
はっつぁん
こいつらボッコボコにするんでやんす。
ご隠居
ご隠居
は?
はっつぁん
はっつぁん
はあぁぁぁぁぁあ!!!
はっつぁん
はっつぁん
ご隠居、こっち見ないほうがいいでやんすよ。ちょっとグロテスクになりやすんで。
ご隠居
ご隠居
、、、
はっつぁん
はっつぁん
オラァ!
(バキッ)
ふんっ!
(ドゴッ)
そいやっ!
(ぐしゃっ)
見切った!
(ズドンっ)
そっちは残像だ。
(チュドーーン)
ご隠居
ご隠居
、、、
はっつぁん
はっつぁん
さぁ、ご隠居。
帰りやしょう。
ご隠居
ご隠居
、、、