無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
85
2018/10/05

第5話

第5話
えーっと、、、  

私はバスケ部、寒くなってきたけど汗だくなんだよなー。。
1番嫌いなのは試合の時…
音乃
まだ1年だから、先輩の出てる試合はどうってことないんだけど、、
B戦…後半にならないと出してもらえないんだよ…私だけ…
はぁ。いまだに楽しいとか思ったことない…

いまは1時間目
私の席は3号車の前から4番目だから、ちょうど窓から景色が見えるいい所☆
友達ちゃん
音乃ちゃん眠くないー?
音乃
ね、それな!
先生が葉っぱの話をしている隙に後ろの友達と話す私

窓から木を見ていたんだけどねー
先生「ほら!窓ばっかり見ないで 」
ちょうどその時外で2年生が体育をやっていたんだよねー
先生「気になる子でもいたの??」
音乃
(💢^ω^)
音乃
いや、草見てましたー
そしてなんかブルマの話を始めたんだよね笑
音乃
ふぅ…
最近美晴とはあんまり関わらないの
たまに話すけど、私の後ろの席の友達と1番仲いいから、、
最近そこまで学校は楽しくないのよね────


やっぱり。

青春って

友情 恋愛 部活 勉強
こんな感じなんだよね。
私には全てが欠けてるかもね。


最近楽しくないから😭



私の
理想の青春



いつになったら私の理想の青春がかなうのかな…