無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

368
2021/12/30

第42話

39.
あなた視点__________
あなた
……
鰤子が憂慮のクラスに行ってる
鰤子ぶりこ
ちょっと来てくれなぁい?
あなた
やっぱり
あなた
的中やね…
憂慮ゆうり
え、えと
鰤子ぶりこ
先輩の私に逆らうのぉ?♡
憂慮ゆうり
あ、はい…行きます
あなた
ついていこーっと
空き教室_______
視点なし________
鰤子ぶりこ
あなた憂慮はっきり言って邪魔なのよね
憂慮ゆうり
……え?
鰤子ぶりこ
え?じゃないわよ
鰤子ぶりこ
自分が可愛いとでも思っているのかしら?
憂慮ゆうり
いや、そんなこと
鰤子ぶりこ
生徒会様たちに気に入られて
鰤子ぶりこ
私"達"ずっと思ってたの
あなた
は?私"達"って
憂慮ゆうり
ずっとって……
憂慮ゆうり
先輩鰤子一昨日おととい転校してきたばっかじゃ……?
鰤子ぶりこ
私がなんの理由で転校してきたと思っているの?
鰤子ぶりこ
理由は簡単
鰤子ぶりこ
あなた憂慮を潰して、
鰤子ぶりこ
私が生徒会になること
憂慮ゆうり
なぜ……?!
鰤子ぶりこ
あなた憂慮が憎いの
鰤子ぶりこ
だからさ
鰤子ぶりこ
私のために潰されてよ
パチンッ
指を鳴らした瞬間
モブ
やっとですか
モブ
早くやりましょうよ
鰤子ぶりこ
ええ、そうね
カッターを取り出し、
シュッ
鰤子ぶりこ
いった
鰤子ぶりこ
ねぇ、憂慮
鰤子ぶりこ
手当したいから
鰤子ぶりこ
このカッター持ってくれない?
憂慮ゆうり
は、はい
あなた
ちとまったぁー
あなた
あなたの一人称の登場だぜ!
鰤子ぶりこ
はぁ?
あなた
そのカッター
あなた
あなたの一人称にちょうだいよ
鰤子ぶりこ
え?
憂慮ゆうり
あなた先輩?
あなた
あ、勘違いすんじゃねぇ
あなた
決してお前憂慮を助けたわけじゃねぇ
あなた
これはあなたの一人称の都合だ
鰤子ぶりこ
まぁ、いいわ
的があなたあなたになっただけ
鰤子ぶりこ
スゥゥゥ
鰤子ぶりこ
キャァァァァァ
鰤子ぶりこ
グスッ
ドタドタッ
あなたの表情は何一つ変わらず、ずっと無表情だった
何があったの?!
グルッペン
なんの騒ぎだ……?
みんな
ッは?
鰤子ぶりこ
い"だぁい
鰤子ぶりこ
グスッ
グルッペン
あなた……お前がやったのか?
あなた
フッ
あなた
あーあバレちゃった
ロボロ
なんでこんなことを?
あなた
え?なんでって
あなた
こいつ、ぶりっ子で気持ち悪いからぁw
あなた
じゃだめ?
あなたはバレて不機嫌そうなオーラを出していた
ショッピ
あなた先輩……
ショッピ
本当にあなた先輩がやったんですか?
モブ
そうですよ
モブ
私達、見てました
モブ
憂慮ちゃんも
憂慮ゆうり
ッ?!
モブ
ね?
憂慮ゆうり
は、はいッッ
憂慮ゆうり
見て…ました
鰤子ぶりこ
痛いよぉ…
あなた
あぁ、そうだ
あなた
あなたの一人称がやった
あなた
でも、思ったより早く生徒会が来たからバレちゃった
____________________Next
♡or☆よろです