無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

第1話 きっかけ
朝の6時。
スマホのアラームが部屋の中で鳴り響いた。アラーム音とともに起き上がった私、明香里は冷えた床を裸足で歩き居間へと向かった
おはよ
テーブルにスムージーあるから飲んで
あなた

うん

毎日朝はスムージーを飲み体の中をととのえる。
好きな音楽をかけ、学校に行く準備を始めた
あなた

やばーい!!今日こそバスに間に合わないかもー!

ほら早く!歯磨いてー!
あなた

はいはい!

音楽を聞いてまったり準備をして時間ギリギリまで学校の支度をする私の悪い癖
あなた

行ってきまぁーす!

行ってらっしゃーい
今日の朝はいつもよりかじかむ。
白い息がでて鼻が赤くなったようなツンとする痛みがあった。
あなた

うぅー...さっむ。

天気に文句を言いながら私は通学バスに乗り暖房の温かさに浸った
次のバス停では明香里の友達、リサが乗る。あの子の朝のテンションに私はついていけないw...
リサ
リサ
おっはよ〜!
あなた

おはよぉー。

リサ
リサ
今日も寒いよねホント😣
そう言いながらわたしの席の隣に座りマフラーをつけ直した
リサ
リサ
そう言えば元彼のことは吹っ切れた??
朝からあいつのこと思い出したくなかったのにぃー(≖﹏≖✿)
そう思いながら返答をした
あなた

うーん。新しい恋愛しないとやっぱ吹っ切れた感じしないな〜

リサ
リサ
あ〜確かにね!
わかるわかるw
そんなくだらない会話をしてるうちに学校へと着いた
と2人で階段を上り、階段のキツさに2人でグチグチ言いながら教室に着いた。リサとはクラスが違うのでバドミントンのラケットを学年共同のロッカーへ置きリサの教室の前でわかれた
心音
りなおはよぉ今日寒かったよねー
私の友達、心音。まぁそんなこと言ってもそこまで好きではない。ワガママで自己中って言うのがちょっとね。
あなた

んねー寒かったよねー

少し会話を交わし自分の席へと着いた。
クラスの友達
あ、明香里ー
今日って全校朝会だよね?
くっそだりぃ
あなた

あー今日全校朝会か。めんど

そんなことを言いながら私は少し気になる人を見れるのが楽しみだった


全校朝会を終え蓮さんを見れたことに教室でふわふわ浮かれていた
心音
明香里ー
1時間目の美術一緒に行こ〜
あなた

あ、いいよ
おけい👌

制服からジャージに着替え美術へと行く。美術室は3年生の教室を通る
ちょっとだけ3B覗いてこw!
心の中で思いながら心音と美術室へと向かう
心音
ねね!明香里!
そういうと私の筆箱をとりこっちまでおーいで!っと走って行った
私は少し呆れた顔をし、走って追いかけた
あなた

おーいw!!!!
まてぇ〜!!w

ドン!
あなた

痛った...

蓮
痛ぇ〜!w
りょう
りょう
おいーw蓮なに後輩に当たってんだよ〜wwごめんね〜コイツ廊下走り回ってさ😓
蓮
はぁー?wお前が押してきたんだろ!w
まぁすまん!怪我ない??
やばい!!
私の好きな先輩、蓮さんだぁ✨
あなた

いえ!大丈夫です
すいません!

りょう
りょう
ふぅ〜!も!し!か!し!て!
蓮と明香里ちゃん出来ちゃってるの〜w!!
蓮
はwバカちげーわw
お前だろ好きなのw
あなた

ん!?www

りょう
りょう
蓮!バッカ、チゲーシ!!
ごめんね明香里ちゃん!
じゃあね〜!
蓮
さっきはわりー🙏
じゃっ!
あなた

はい!

気になる点はあったものの
蓮さんと話せて良かったぁ〜(*´ω`*)💕
幸せぇ〜☺️