第15話

魔女の狙い2
雷雲ミリノ(作者)
雷雲ミリノ(作者)
はいはいどーも雷雲ミリノでございます!
輝追トレ(作者の代理)
輝追トレ(作者の代理)
やっほートレちゃんだよ〜
雷雲ミリノ(作者)
雷雲ミリノ(作者)
Wow…
輝追トレ(作者の代理)
輝追トレ(作者の代理)
あ"?
雷雲ミリノ(作者)
雷雲ミリノ(作者)
ナンデモナイヨ
輝追トレ(作者の代理)
輝追トレ(作者の代理)
よろしい
猫野ミヤ
猫野ミヤ
今回はストーリー進むミャ!
雷雲ミリノ(作者)
雷雲ミリノ(作者)
YES!
輝追トレ(作者の代理)
輝追トレ(作者の代理)
本当に?
雷雲ミリノ(作者)
雷雲ミリノ(作者)
( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン
輝追トレ(作者の代理)
輝追トレ(作者の代理)
キモッ
雷雲ミリノ(作者)
雷雲ミリノ(作者)
アアンチュメタイ
猫野ミヤ
猫野ミヤ
(  ー̀ н ー́ )ムス⋯
輝追トレ(作者の代理)
輝追トレ(作者の代理)
あら可愛い
雷雲ミリノ(作者)
雷雲ミリノ(作者)
え、理不尽!
輝追トレ(作者の代理)
輝追トレ(作者の代理)
うるさいなー
猫野ミヤ
猫野ミヤ
もう始めるミャ!
雷雲ミリノ(作者)
雷雲ミリノ(作者)
え、じゃあ、スタート!!
雷雲ミリノ(作者)
雷雲ミリノ(作者)
◤◢注意◤◢今は夜です
ーーーー医務室ーーーーーーーーーーーーー
しんぺい神
それじゃあ何処から考えようか、、、
エーミール
そもそもなんで魔女はこんな事をしたのかを考えた方が良いと思います
チーノ
それいいかもしれませんね
ゾム
エミさんやっぱ頭ええな!
エーミール
ありがとうございます
鬱(大先生)
あ、エミさん魔女に直接やられとったやろ?魔女何か何か言っとらんかった?
エーミール
え〜っと、確か、、、
チーノ
え、それってほんとですか?
エーミール
ゾムじゃない!とか、間違えた!って言ってた気がします
エーミール
え、はい
しんぺい神
それだとゾムを狙ってたっぽいね
ゾム
つまり俺のせいでこうなったって事か?
鬱(大先生)
あ、
ゾム
エミさんごめんグスッ本当にごめん、、、グスッ
エーミール
え!ちょっ!ゾムさん?!
チーノ
あ〜、、
エーミール
え、やっぱりってどういう事ですか?
しんぺい神
実はエミさんが起きる前に同じ事言ってたんだよ
エーミール
と、とりあえずゾムさん泣きやみましょ?
ゾム
ゔん、、
エーミール
ヨシヨシ( ´。•ω•)ノ"(っ <。)
鬱(大先生)
貴方はお母さんですか?
エーミール
え!ちょっ!何言ってるんですか!
しんぺい神
はいはーい、そろそろ話し戻すよ〜
チーノ
ゾムさん大丈夫ですか?
ゾム
大丈夫やで
鬱(大先生)
じゃあ話し戻すけど、ゾムさんの事恨んどる奴ら辺りやろ
チーノ
ですね
しんぺい神
だとしたらここを潰してメリットがある国かな?
鬱(大先生)
う〜ん…
チーノ
これ以上は分かりませんね〜…
ゾム
ん〜、、、お腹空いた
エーミール
確かそろそろご飯の時間ですね
ロボロ
「幹部の皆ーあと15分で晩飯やでー!」
ゾム
エミさんさっきまで寝とったのに凄いな!
エーミール
そうですか?
鬱(大先生)
普通はそうやでww
しんぺい神
皆〜早く行かないととんとんに怒られるよ〜
鬱(大先生)
え!はよ行かな!!
ゾム
メシメシメシメシメシメシメシメシメシメシ
エーミール
食害は勘弁してくださいね💦
チーノ
((((((.__.)ススス…
鬱(大先生)
三┏( ^o^)┛
ゾム
全員逃さへんぞ(^^)
しんぺい神
僕とエミさんにはしないでね
しんぺい神
エミさん起きたばっかだし、僕にしたら掘るよ?
ゾム
わ、分かっとるって、大先生とチーノにするから💦
鬱&チーノ
ぇぇえええええ!!
ゾム
じゃあ先行っとるで!
鬱&チーノ
ぎゃぁぁぁあああああ!!!
ダッダッダッダッダッダッダッダッダ、、、
しんぺい神
じゃあ僕達も行こっか!
エーミール
え、あ、はい!
ーーーー後書きーーーーーーーーーーーーー
雷雲ミリノ(作者)
雷雲ミリノ(作者)
有言実行出来なかった、、、
輝追トレ(作者の代理)
輝追トレ(作者の代理)
はい終わった
雷雲ミリノ(作者)
雷雲ミリノ(作者)
サーセン┏○ペコ
輝追トレ(作者の代理)
輝追トレ(作者の代理)
三度目の正直だからね?
雷雲ミリノ(作者)
雷雲ミリノ(作者)
はい!ありがとうございます!
猫野ミヤ
猫野ミヤ
見てる人達は許すかミャ?
輝追トレ(作者の代理)
輝追トレ(作者の代理)
、、、、、、
雷雲ミリノ(作者)
雷雲ミリノ(作者)
申し訳ございません“〇| ̄|_
輝追トレ(作者の代理)
輝追トレ(作者の代理)
まぁ頑張ってって事で
猫野ミヤ
猫野ミヤ
せーの!
全員
おつ雷!!!