無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

我妻善逸
あなたは柱で善逸は継子っていう設定でお願いします!
我妻善逸
いゃぁぁぁぁ!!!稽古したくなああああああいいぃぃぃぃ!!!
あなた

グダグダ言うな!早くしないといつも私がやってる鍛錬をさせるぞ!

我妻善逸
分かったよおおお!しはあーーーーーん!!!
あなた

良い子だ、善逸。じゃあ、内容は〜〜〜〜〜〜ってあれ?善逸、そんなに私と同じことがしたいのか(黒笑)

我妻善逸
師範が用意していただいたのをやりますぅうううう
あなた

善逸、今から4刻以内に出来たら褒美をやろう。

我妻善逸
えっ!!ほんと!?頑張るぅぅううう
_三刻半がたった頃_
我妻善逸
しはあーーーーーん!!!終わったよぉぉぉぉ!!!
我妻善逸
あれ?師範?どこぉぉおおおお
我妻善逸
鍛錬場かな?
あなた

1980!1981!1982!1983!

我妻善逸
師範!終わったよぉ!!!
あなた

ん?嗚呼、終わったか。えーっと三刻半か頑張ったな!善逸!(●︎´▽︎`●︎)

我妻善逸
( ゚∀゚)・∵. グハッ!!_(:3」 ∠ )_
あなた

善逸、よく頑張った。ご褒美だチュ(おでこにキス)

我妻善逸
今なら十二鬼月倒せるぅぅぅぅ!!!出て来い!鬼ぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はここまでです!
善逸かわいいいい!!!
リクエストしてください!もうネタが無いのでwwお願いします!