無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

𝕤𝕚𝕩
()














































4時限目終わりのチャイムが鳴り昼休み

















        📱))ピロン

チェ・(なまえ)
チェ・あなた
んにゃっ!?!?←
チェ・(なまえ)
チェ・あなた
っ〃びっくりしたぁ〃〃





※1人の時は純粋あなたちゃん♡←by作者

























スマホを見ると一件のメールが
()
テヒョン
テヒョン
✉))誰にもバレず屋上来て
チェ・(なまえ)
チェ・あなた
Σ(;´Д`)ヒッ
()
皆さんこれは、、、やぶぁいです←
오빠怒ってる☆))^q^((


絶対お仕置きされます( TДT)

























チェ・(なまえ)
チェ・あなた
よし!!無視☆
()

























さぁて♪昼休みどうやって過ごそうかな~♪






そんな事考えてると


ナムジャ「あ、あの!!あなたちゃん...!!💦」



あ、来たよ
告白ナムジャ←
※あなたちゃんモテモテなので
    毎回告白され慣れてます
















チェ・(なまえ)
チェ・あなた
あ~ごめんっ。




ここは早く諦めさせるべし!!
















ナムジャ「えっ....で、でもちょっとくらi...」
チェ・(なまえ)
チェ・あなた
無理。((即












このナムジャしつこいなぁ~
大体私が他のナムジャと付き合った何て
오빠が聞いたら.....





































ヒイィィィィィィィッ😱((
考えただけでも寒気が(;´Д`)
















ナムジャ「お願いしますっ(;´人`)」
チェ・(なまえ)
チェ・あなた
無理だってば!
()




























ナムジャ「...じゃぁ、諦めるから最後に...」
チェ・(なまえ)
チェ・あなた
?












ナムジャ「チュッ))」
チェ・(なまえ)
チェ・あなた
))ん!?!?



ナムジャ「へへっ❤口にしちゃった❤」


ナムジャ「じゃぁね~あなたちゃん❤」














チェ・(なまえ)
チェ・あなた
は!?!?💢



アイツ何考えてんの!?!?


    オエッ😫←
まじキモいわ🖕←


























































この時の私はホント気楽過ぎた








































まさかその場に○○がいるとは....



































ねくすと__





























もう誰だか分かりますよね😐by作者