無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

𝕥𝕙𝕣𝕖𝕖
()
()


































































テヒョン
テヒョン
ねぇ、さっきの声もっかい
出してよw
()




チェ・(なまえ)
チェ・あなた
......
テヒョン
テヒョン
んにゃぁ"ってwww
()




チェ・(なまえ)
チェ・あなた
.......
テヒョン
テヒョン
本当wwwやばいww
()




チェ・(なまえ)
チェ・あなた
......


오빠ウザいっ、死○🖕((


































テヒョン
テヒョン
あ、今死ねって思った?ww
チェ・(なまえ)
チェ・あなた
うん(💢 '-')
()
テヒョン
テヒョン
ごめんっもう笑わないから
チェ・(なまえ)
チェ・あなた
.....
チェ・(なまえ)
チェ・あなた
分かったゆるs...
テヒョン
テヒョン
ぶはっwww
チェ・(なまえ)
チェ・あなた
は。
テヒョン
テヒョン
ごめんっww思い出し笑いww
()








































こんな最低な今朝を過ごし
いざ学校へ....((雑

















でも、普通の登校とは違って....

















執事「テヒョン様行きましょう」



目の前にはギラギラ眩しい黒の高級車
そしてスーツをシワ1つなく身に着ける執事に
黒人のでかいボディーガード数人
























この光景今まで何回も見たけどやっぱり
慣れない











テヒョン
テヒョン
ん。


執事「では、あなた様すみません」


























テヒョン
テヒョン
あなたまた学校で
チェ・(なまえ)
チェ・あなた
うん
()
오빠は簡単に言えば御曹司ってやつ?







오빠の実家は本当に超有名なトップ大企業で





오빠はたった1人の息子だから
大切な存在で何かあったらそりゃヤバい訳で




















오빠は毎回車に乗っての登校



































何で私は一緒に乗らないかって?





















私と오빠が付き合ってる事は外では





























絶対に秘密"










































ねくすと__