無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

52
2022/01/06

第9話

僕は失敗作
今日は冬休み最終日
明日から登校とゆうことは
明日あのクソ担任に会わなければいけない
地獄だぁぁぁ
どうせ学校に行っても差別されるだけだ
大人はみんな自傷行為を
「今すぐやめろ」、「そんな事やっても意味ないよ」、「後悔するよ」って言う
でもそんなことない
跡が残ってたら色々困るよとか言うけどさもともと差別とから裏切られたりされてるから別にそんなリスカ跡で理不尽な事受けても何も思わないんだよね
それに大人はみんなやめさせようとしてくるけど逆効果だ
だってリスカできないだけで苦しくなるんだ
そもそも僕がリスカしててあいつらには何も関係ないから放っといてくれよ
担任だから、親だから、とか言うけどさ
親だから何?担任だから何?
結局は担任も親も他人じゃん
他人の事だから放っといてくれればいいの似
大人にバレるんだったらクラスメートにバレた方が全然良かったよ
何人かのクラスメートにバレてるんだけどその子達は否定もしなかったしやめさせようともしてこなっかた
本当に嬉しかった
裏切られたってゆうのは僕が四年生の時の事で
当時仲が良かったbって子がいた
bとはよく遊んだり喋ったりしてた
Mほどではないけどそこそこ仲が良かった
それでbと仲が良かったsって子がいたんだけどたまに僕とbとsで遊んでたりしていた
でもある時僕がbと遊んでたらbが
「うちsの事嫌いなんだよね〜」ってsの悪口を言い始めた僕はそれを適用に聞いていた
次にsと遊んだときsはbの悪口を言い始めたその時にsが
「なんか前にbがつばさの悪口言ってたよ」
って言い始めて
ああ僕の事嫌いだったんだな
あんなに仲良かったのにって思った
その時から人をあまり信じないようにしてきた
だって裏切られた時に苦しむのはもうやだったから
で、その事があった以来そんなにbとsと喋らなくなった
でもMは大好きだ
何で同性愛って認められてないんだろう
告白できたら楽になれるのかな
まあ告白できないけどね