無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

54
2022/01/04

第8話

愚痴りたくなった
今活動停止中じゃ、、
と思った方いますよね
でも愚痴りたくなってなって帰ってきました
またこのように愚痴りたくなったら帰ってくるかもしれませんがよろしくお願いします
ふざけるなあのクソ担任
明日俺の母にあのクソ担任から電話がくるらしい
内容が俺の今の状況だってさ
本当は心配なんてしてないのにさ
いつもは心配するどころか俺の事差別してくるのに
どうせ自分の位を下げたくないんでしょ
まあ、いつも差別されている俺やクラスの一部の人たちはあいつの事嫌いだし恨んでるし
やろうと思ったらPTAに報告だってできるぞ
証拠はいくらでもあるからな
親だってそうだ
表では心配するふりをして
裏ではどうせ俺のことなんて心配してないし邪魔なんでしょ、愛してもないんでしょ、認めてもないんでしょ

大人から心配された事がほとんどないから最初は心配された時気持ち悪かった
今も気持ち悪いけど
昔は自分の意見なんていくらでも言えた
でも今は全然言えない
言っても否定されて、自分が傷ついて終わり
何も叶わない

意見を持つのは良いことだって大人はみんな言う
でも僕は違うと思う
ずっと周りが言う事を聞いて生きてきた
僕は人形だ
良いように扱われる人形だ
僕のことなんて誰も望んでない、必要としない、愛してない
だったら死んでも良いよね
誰も必要としてない人形は捨てられる
それと同じ
僕も誰にも必要とされない
だったら僕が死んでも誰も悲しまない
それどころか
邪悪な奴が消えて嬉しいだけ
僕には居場所も才能も何もない
才能がないから居場所がない
才能がないから愛されない
才能がないから認めて貰えない
この世は才能がある奴だけが得をするんだ
そんなように世界はできているんだ
つばさ
つばさ
おかしいよねこんな世界
才能が欲しい僕だって頑張ってる、苦労してる、努力してるそれでも報われない
それに比べてクラスメートはどうだ
才能がある奴ばかり
足が早い奴,頭が良いやつ、絵が上手いやつ
人をまとめるのが上手いやつ、場を和ませるのが上手いやつ
これらは全部才能だと思う
こんな奴がゴロゴロ転がってんだ
才能が無いやつが認めてもらえるわけがない
僕は歌うのが好きだでも昔に僕の歌が下手くそだって言われてから人の前で何かをするのが怖くなった
発表はもちろんあれほど好きだった歌なんてここ数年人の前で歌ったこともない
将来は音楽に関わる仕事がしたい
でも人にこの夢を言ったことは無い
だって怖いもん
否定されるのが嫌なら自分の意見を言わなければ良い、自分を出さなければ良い
そうやって生きてきた
仮面を付けて生きてきた
今更この仮面を取ることなんてできない
表の僕は明るくて、フレンドリーで、人が大好きで悩みが無さそうな性格だ
でも違う
本当の僕は人が嫌いで、全然フレンドリーなんかじゃ無くて、悩みがたくさんあって、リスカをしてる奴だよ
何で世界ってこんなに理不尽なんだよ
死にたい、消えたい