無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
68
2021/08/04

第1話

出会い
僕には親がいない。名前もない。

家もお金も僕には持ってなかった。

ただひとつ。覚えている最後の記憶…
それはお腹すいて目の前が見えなくなって、路地裏で弱々しく息をしていた時、










バブルガール
バブルガール
ほんとにサーは人使い荒いんだから!
ごみ捨てなんて自分で行けばいいのに…
バブルガール
バブルガール
え?ねえ!!大丈夫?君?!
あなた

(ふわふわ…してる…)

ガチャッ!
バブルガール
バブルガール
サー!!助けてください!
サー・ナイトアイ
サー・ナイトアイ
バブルガール…もっと静かにできませんか
バブルガール
バブルガール
それどころじゃないんです!!子供が下に倒れてたんです!
サー・ナイトアイ
サー・ナイトアイ
どこの子供か分かりますか??
バブルガール
バブルガール
分かりません…でも、路地裏にいたし、服もボロボロです…!
サー・ナイトアイ
サー・ナイトアイ
その子の身元がわかるまで、世話をしておいてくれますか?
バブルガール
バブルガール
わかりました!



数分後
あなた

パチッ

バブルガール
バブルガール
あっ!起きた!ねえ、大丈夫?
あなた

……?

バブルガール
バブルガール
サー!!起きました!
サー・ナイトアイ
サー・ナイトアイ
おはようございます。
お名前はなんですか?
あなた

な……ま……ぇ…

あなた

グゥ〜

バブルガール
バブルガール
お腹すいているの?
あなた

……(。_。`)コク

サー・ナイトアイ
サー・ナイトアイ
ご飯を作ってもらえる?
バブルガール
バブルガール
はい!!
数分後
バブルガール
バブルガール
出来ました!
バブルガール
バブルガール
食べていいよ
あなた

……

お箸なんて使い方分からないよ…
あなたは手で食べ始めた
バブルガール
バブルガール
箸使わないの?
あなた

…はし?

サー・ナイトアイ
サー・ナイトアイ
このままじゃ食べ終わるのに日が暮れて効率が悪い。バブルガール、食べさせてくれ
バブルガール
バブルガール
はい!ほら!あーって口開けて
数分後
バブルガール
バブルガール
ごちそうさまでした
あなた

<(_ _)>

サー・ナイトアイ
サー・ナイトアイ
ところで名前は?
あなた

な…まえ…ない

バブルガール
バブルガール
ない?!
サー・ナイトアイ
サー・ナイトアイ
バブルガール…もっと静かにできませんか
バブルガール
バブルガール
すいません!