無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

12話
その後トーナメントで勝己くんが1位になっていた結衣もいい線言ってたけど体力的な問題で脱落しちゃったけど…
八百万「結衣さん大丈夫ですか?」
結衣「あ、うん大丈夫…」
あなた「(個性発動中)」
結衣「…お姉ちゃん私の体力持ってたんだ」
あなた「うん障害物競走の時貰ってたから」
爆豪「おい帰んぞ」
あなた「あ、うん!またねー!」
三奈「バイバイー!」
透「バイバイ!」
切島「じゃあな!」
帰宅中
あなた「はぁー今日楽しかったぁー!」
爆豪「疲れたか?」
あなた「うーんそんなに…w」
爆豪「あなたの個性か…」
あなた「うん!……へ?」
爆豪「あぁ"!んだよその面」
あなた「え、あ、いや…今あなたって」
爆豪「悪ぃかよ…あなただって勝己っつってんだろ」
あなた「勝己とは言ってない!勝己くんって言ってる!」
爆豪「なら勝己で呼べや…」
あなた「え!?…どうしたの今日大丈夫?」
爆豪「あぁ"!」
フラッ
爆豪「おい大丈夫か?」
あなた「うん…大丈夫」
あぁ…貧血か…
血愛のせいで私は貧血になりやすい体質になってしまった
あなた「フラフラ…」
爆豪「大丈夫じゃねぇだろ…ん、」
あなた「?」
私の前に出てしゃがんできた
爆豪「乗れや」
あなた「…いやいや!私重いから!」
爆豪「んな事ねぇUSJ事件の時もくそほど軽かったし」
まぁ正直私もそろそろ限界だから…
あなた「お言葉に甘えて…」
爆豪「しょっ…やぱかりぃ…」
あなた「ねぇ…寝てもいい?」
爆豪「なんでだ?」
あなた「めまいする…」
爆豪「貧血か?」
あなた「うん」
爆豪「…」
家とーちゃく!
光己「おかえりーってどうしたの?」
爆豪「貧血で倒れた」
光己「ちょっとまってて今布団敷くから」
━━━━━━━━━━━━ 
あなた「ん、パチ」
爆豪「起きたか」
あなた「( ´꒳` )ンフ勝己私が起きる時いつも隣にいるよねw」
爆豪「あなたが起きんの待ってんだよ!」
あなた「ハイハイありがとうね」
爆豪「お前体調崩しやすいのか?」
あなた「…………うん…」
爆豪「寂しいのか?」
あなた「なんで?」
爆豪「体調悪ぃときいつも行かないでって言って泣いてんだよ…」
あなた「そう、かもね寂しいのでも起きたらいつも隣に勝己がいるから寂しくないよ( *´꒳`*)」
爆豪「どっちなんだよ」
勝「勝己あなたご飯できてるよ」
あなた「はーい!」
━━━━━━━━━━━━ 
寝る前
はいまた床ドンされてます…
なんで!私なんかした??
爆豪「なぁ改めて言うけど俺と付き合え…//」
あなた「ッ…///はい…
爆豪「?」
あなた「私なんかでよければよろしくお願いします…//」
爆豪「…///」
私が応えると勝己は私に唇を落とした…


































































大好き
おまけーーーーー
爆豪「寝るぞ」
あなた「うん…//」
勝己は私を抱き枕のように抱きしめてきた
あなた「え?なに?」
爆豪「寂しいんだろ」
あなた「……うん…」
あなた「でも起きたら必ず勝己がいるから大丈夫って言ったよ?」
爆豪「起きた時だけじゃなくて、寝てる時もおれがいる」
あなた「勝己……ありがとう!にしっ」
爆豪「ん、早く寝ろ」
あなた「うんおやすみ」
爆豪「ん」