無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

15話
爆豪「おい起きろ」
あなた「ん?もう朝…早い」
爆豪「早く準備しねぇと遅刻すんぞ」
あなた「やば!」
速攻で準備し家を出た
行く時はわかれるまで手を繋いで歩いた
あなた「おはようございます!雄英高校ヒーロー科1-a仲取あなたです」
結衣「仲取結衣です」
リューキュウ「いらっしゃいさぁ入って」
あなた「ひろい…」
リューキュウ「早速2人の個性って結衣ちゃんの方は結界?バリア?だけどあなたちゃんの個性って…」
あなた「取り戻しです」
リューキュウ「取り戻し?」
あなた「相手の体力、個性、などがとったりできますまぁとると言うより借りるみたいなものですけど」
あなた「代償は取った物によります個性を取った場合相手が習得する難易度の3倍です」
リューキュウ「複雑な個性ね」





結衣「私の個性の代償は体力です
個性は防御、治癒などができます」
リューキュウ「2人とも個性使ってみて」
リューキュウ「あなたちゃんは私の物を取って死なない程度でね」
数分後
リューキュウ「2人とも個性がからだにあってるね」
リューキュウ「じゃあ結衣ちゃんは体力つけよう!」
リューキュウ「とりあえずランニングとかしてきたら?」
結衣「はい!」
リューキュウ「あなたちゃんは人の体力とかだけでなく持ってるものとか戻れるか試してみよう」
リューキュウ「私が飴もってるからとってみて」
あなた「(飴に集中させて…!)」
あなた「…」
リューキュウ「無理っぽいわね…」
あなた「あ、私1日個性使えれるの10回までなんです」
リューキュウ「なら何分個性使い続けてられるかやってみましょう」
10数分後
あなた「ッ…はぁ」
5分後
あなた「もう無理です…はぁ」
リューキュウ「15分だったわさすがに代償が体力じゃなくてもずっと使ってると疲れるわよね休んでてちょうだい」
あなた「はい…」
結衣「ただいま」
リューキュウ「お風呂湧いてるから入ってくる?」
結衣「そうさせてもらいます!」
リューキュウ「行ってらっしゃい」
しばらくして結衣が上がったから私も入った
お風呂を出たらすぐご飯をたべて布団に入った


22時
LINEの会話
あなた「勝己今日どうだった?」
爆豪「髪型変えられた」
あなた「え?何それ!みたい!」
爆豪「ぜってー見せねぇ」
あなた「ですよねー(笑)」
あなた「おやすみー」
爆豪「あぁ明日早く起きろよ5時だかんな?」
あなた「はーい」
こうして私の職場体験一日目を終えた