無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

流星群が落ちてくる3秒前
柊斗視点
友達
友達
よ!
柊斗
おはよ
宮城柊斗(みやぎしゅうと)
宮城柊斗(みやぎしゅうと)
おはよ
あー
授業だり〜
友達
友達
てか
今年流星群が流れるらしいぞ
宮城柊斗(みやぎしゅうと)
宮城柊斗(みやぎしゅうと)
流星群かー
咲優誘うか
友達
友達
あ、噂の
咲優ちゃん?って子
誘ったら
田舎であるらしいぜ
そこにいるんだろ?
宮城柊斗(みやぎしゅうと)
宮城柊斗(みやぎしゅうと)
まぁそうだな
友達
友達
じゃあいいじゃねぇか
俺もお前と田舎にいるからさ
宮城柊斗(みやぎしゅうと)
宮城柊斗(みやぎしゅうと)
へー
そうなんだな
友達
友達
そう
彼女☆
宮城柊斗(みやぎしゅうと)
宮城柊斗(みやぎしゅうと)
はああああ?!
おま
彼女いたのかよ!
リア充め!
友達
友達
お前も告ればいいダロー
宮城柊斗(みやぎしゅうと)
宮城柊斗(みやぎしゅうと)
まぁそうだな
学校の先生
学校の先生
おーい
ホームルーム始めるぞー
席につけ
友達
友達
はーい
夏祭りね〜
後でLINEで聞いてみるとするか