無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

流星群が落ちてくる3秒前
咲優視点
4時間目が終わってお昼になった
友達
友達
咲優〜一緒にお昼食べよー
如月咲優(きさらぎさゆ)
如月咲優(きさらぎさゆ)
いいよー
友達
友達
てかさ
柊斗くんって子誘うの?
如月咲優(きさらぎさゆ)
如月咲優(きさらぎさゆ)
うん
誘おうかなって思ってるよ
だから後でLINEしようかな〜
って
友達
友達
おお
いいじゃん
頑張れ〜
友達
友達
私はもう彼氏と約束してるよー
如月咲優(きさらぎさゆ)
如月咲優(きさらぎさゆ)
そうなんだ
友達
友達
うん
友達
友達
てかお弁当って毎日自分で作ってるの?
如月咲優(きさらぎさゆ)
如月咲優(きさらぎさゆ)
そうだよ〜
私の家は小さい頃から両親が共働きだ
だから毎朝早く起きて自分で作っている
友達
友達
へー
すごいね!
絶対モテるよー
如月咲優(きさらぎさゆ)
如月咲優(きさらぎさゆ)
モテないよ‪w
友達
友達
あ、てか早く
教室戻らないとヤバいんじゃ…
如月咲優(きさらぎさゆ)
如月咲優(きさらぎさゆ)

急がないとじゃん!
私たちは急いで教室へと向かった