無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

113
2021/06/26

第13話

ナイト達のカゲヒサ尾行 後編
ヒサメ
~♪
カゲチヨ
///
ボティス
キスは拝めなかったが、まあ良い。
ナイト
(二人で一緒のジュースにストロー挿して飲んでる・・・これって、カップルでよく見るあれですよね?)
シディ
・・・
ボティス
何をしておる!?ナイト、シャッターチャンスじゃ!
ナイト
は、はい・・・
カシャッ!
ボティス
さあて・・・どんなのがって・・・あっ!
ナイト
少しぼけてますね・・・
ボティス
クソォ・・・
シディ
・・・
ヒサメ
次は彼処で写真撮ろ!
カゲチヨ
おう。
ボティス
ちっ・・・建物に入ったか・・・
ナイト
どうするんですか?
ボティス
だったら出てくるまで、待つしかないじゃろ。
シディ
…ボティス、ナイト、もうやめよう。
ボティス
!?
ナイト
どうしてですか?
シディ
よく分からないが、こういう事はあまり良い事ではないと俺は思う。
ナイト
やっぱり・・・すみませんボティスさん、僕は降ります。
シディ
ああ、そうした方がいい。
ボティス
クソーッ!こうなったらワシ一人でも・・・
ナイト
……一人?で写真館の中、入っていっちゃいました・・・
シディ
ナイト、俺達は帰ろう。
ナイト
はい・・・
~帰り道~
ナイト
カゲチヨさんとヒサメさんに悪い事しちゃったかな・・・?
シディ
気にするな、ナイトに悪気はなかったんだろう?もし気付かれたとしても話せば、二人とも分かってくれるはずだ。
カゲチヨ
あ、いたいた!
ヒサメ
シディ、ナイト君!
ナイト
・・・?
シディ
どうしたんだ?カゲチヨ、ヒサメ?
カゲチヨ
一緒に夕飯食いに行こうと思って、探してたんだよ。
ナイト
ん?手に持ってるモノって・・・
ボティス
何するんじゃ!離せ!
カゲチヨ
ボティス、少し黙れ。
ボティス
ぐえっ
ヒサメ
写真館までついてきてた所をカゲに捕まって・・・
ナイト
・・・(これ助けた方がいいんですかね?)
シディ
それでどこに食べに行くんだ?
カゲチヨ
それは・・・
ヒサメ
それより早く行こうよ!私、お腹減ったんだけど!
カゲチヨ
あーもう!分かったよ。シディ、ナイト、行こうぜ。
ナイト
はい。
シディ
ああ。
~続く~