無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

72
2021/07/23

第20話

番外編 ゾーグ外伝 前編
ゾーグ
俺はただ、強さを求めるだけだった・・・いやそれしか生きがいがなかったという事が近いだろう。俺はトッププレデターに造られた実験動物なのだから・・・
~~
鎌鼬
キシャアアアアア!
ゾーグ
今回の獲物はコイツか・・・(研究員のデータによれば欠陥品が数人がかりでやっと倒せる程度・・・こんな雑魚では相手にならんな。)
ゾーグ
フンッ!
ボオオオオオオ!
鎌鼬
キシャアアアアア!?
ビュオオオオオ!
ゾーグ
!?風か!ぐぅっ・・・?
研究員
そろそろ興奮剤を入れましょうか・・・?
鎌鼬
シャアアアアア・・・
ゾーグ
(さっきより動きが活発に・・・!チッ!)
ヒュン!
ジュバアアアアア!
鎌鼬
キシャ・・・
ドタッ・・・
ゾーグ
(鎌を使ってやっと倒せたか・・・)
研究員
あの鎌鼬をあんなにあっさり・・・やはりヌルは期待通りの逸材だ・・・
ゾーグ
(人類の覇権か・・・くだらない・・・俺はただ戦えればいいだけだ・・・強い者と・・・)
フィーア
やはり実力は確かなようですね・・・
ゾーグ
貴様は・・・
フィーア
貴方と直接会うのは初めてでしたね、私はフィーア。貴方と同じの正規品です
ゾーグ
そこにいる小さいのは誰だ?
フィーア
こっちはディード。私の弟として造られた欠番の一人です。
ディード
よろしく。
ゾーグ
まあ、あっちが名乗ったんだ。俺も名乗らせてもらおう、研究員共にはヌルと呼ばれているが俺の名はゾーグだ。
ディード
ゾーグ・・・か
ゾーグ
ここに来たということ次はお前の番か。
ディード
はい・・・
ゾーグ
(欠番の一人か・・・一体どんな力を持っているのやら・・・)
~続く~