無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

161
2021/06/18

第10話

来襲!謎の混血児
ゾーグ
貴様に名乗る必要はない・・・
カゲチヨ
んだと・・・?
エクスト
おお・・・助けに来てくれたのか・・・?
ゾーグ
・・・
ヒュン・・・!
カレコレ屋一同
!?
ドガッ・・・!
カゲチヨ
うわああああ!
ヒサメ
きゃああああ!
シディ
(消耗しているとはいえ、カゲチヨとヒサメを一撃で・・・それにナイトも立ってるのがやっとだ・・・)
ナイト
(こいつ、強い・・・!)
ゾーグ
フンッ!
バキッ・・・
シディ
!?
ガシッ・・・
シディ
うぐっ・・・
ゾーグ
・・・
ヒュン・・・
ナイト
(シディさんがアイツの一撃を受け止めた!?)
シディ
・・・
ゾーグ
ほう・・・いい反応だ・・・
エクスト
早く・・・私を・・・助け
ザシュ・・・
エクスト
へ?・・・な・・・ぜ・・・
ゾーグ
散々要求した挙げ句に、折角の試験体であるキメラを無駄にした貴様に用はないそうだ、消えろ。
エクスト
そ・・・ん・・・な・・・
ドタッ・・・
ナイト
(自分の仲間を・・・)
シディ
どういうつもりだ!?
ゾーグ
トッププレデターの命令で粛清しただけだ。
シディ
・・・!
ゾーグ
腐血と氷電、神騎は期待外れだが、陽狼・・・お前には興味が湧いてきた。いつか万全の状態で戦える日を楽しみにしている。
ヒュン・・・
カゲチヨ
うう・・・大丈夫か、ヒサ?
ヒサメ
うん・・・カゲは?
カゲチヨ
何とかな・・・ぐっ・・・
ナイト
(今の動き・・・まるで読めなかった・・・それにしても・・・EV計画・・・トッププレデター・・・)
ヒサメ
どうしたのナイト君?顔、怖いよ?
ナイト
いえ、何でも・・・
カゲチヨ
(あのメモリは拾っておいたが、見るのは大分後にするか・・・こんな状況で見れる内容じゃねえ・・・)
ギュルルルルル・・・
カゲチヨ
!?
ナイト
何ですか・・・?この音は?
ヒサメ
ごめん、私のお腹の音だ・・・
カゲチヨ
お前・・・こんな時に・・・
ヒサメ
仕方ないでしょ!お腹空いたんだから!
シディ
よし、じゃあ早速帰って夕飯にしよう!
ヒサメ
やったー!
ナイト
そうですね!
カゲチヨ
ったく、しゃーねーな・・・
ナイト
(それにしても、カゲチヨさん達もトッププレデターを追っていたなんて・・・)
カゲチヨ
どうしたナイト?
ヒサメ
顔色、悪いよ?
ナイト
何でもありません!
シディ
じゃあ帰るぞ。
カゲチヨ
おう。
ヒサメ
うん!
ナイト
はい!
~続く~