無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

🐲















_____その後_____






















プルプルプル……













ガチャ📞













エスクプス
あっ、マネヒョン!!
マネヒョン
ん?エスクプスか?
エスクプス
そうだよ!
マネヒョン
いきなりどうしたんだ?
エスクプス
あなたの事で聞きたいことがあって
マネヒョン
あなたがどおした?
エスクプス
今そっちいる?
マネヒョン
あなたなら、さっき自分の荷物を取りに家に送らせたが
エスクプス
えっ、じゃあそっちにはいないの?
マネヒョン
今、あなたの家の前にいる。
エスクプス
え、じゃあ俺たちは?
もう練習終わったよ?
マネヒョン
あなたを宿舎に送り届けてから、
お前達の送迎をしようと思って
いたんだが………
マネヒョン
何か問題でも発生したのか?
エスクプス
えっ、いや、何もないよ!
エスクプス
そういうことならよかった。
マネヒョン
そうか、あと15分ぐらいだから
メンバー達にも伝えておいてくれ。
エスクプス
うん、わかった。わざわざありがとう。











ガチャ📞























スングァン
クプスヒョン、どうだったの??
エスクプス
えっ、あぁ、今マネヒョンがあなたを
宿舎に送り届けているらしいから。
ドギョム
えっ、じゃあ僕達はどうするんですか?
エスクプス
あなたを宿舎に送り届けたら、
またこっちに戻ってくるらしい。
ウジ
それは何分ぐらいなの。
エスクプス
15分ぐらいらしいが。
ウジ
そ、ならいいや。
ジス
とにかく、無事に見つかって
良かったね。
ジョンハン
ほんとほんと、世話の焼けるやつだよ。
ミンギュ
まぁ、見つかったことに変わりはないし、あとは宿舎で話し合いましょう!
ミンハオ
そうだね、ミンギュ。
ジュン
あなたちゃんに会ったら謝らないと!
ジュン
もちろん、ウォヌもね!!
ウォヌ
はいはい、わかってるよ。
エスクプス
じゃあ、マネヒョンが来てくれるまで待っとこう。
セブチ
はーい🙋



















































ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








みなさん、なんと!!!




順位が上がりました〜!!



















ノンジャンルの部門では2日連続3位でした


(≧∇≦)ノ



↓




総合では、16位から11位まで上がりました




😱😱😱😱😱









そして、ついに♡の数も100を超えました






皆さん本当にありがとうございました!!







これからも別の小説を作ってみたりと


色々挑戦していきますので、応援よろしく


お願いたしますm(_ _)m