無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話





















あなたside






























ウォヌ
着替えてこい。

































しつこい。














この人凄くしつこい。







































何回断っても何回も勧めてくる。


































この人には_遠慮_というものが


ないのだろうか。












































この場をどう乗り切るか…













それが今の私にとっての試練だ。


















































とにかく、何が何でもバレてはいけない


ので、曖昧な口実でウォヌさんの質問を


回避する。

























































ウォヌ
何か問題でもあるのか?


































やばい………
















この人すっごいしつこいタイプだ。













しかも私の一番苦手なタイプだ。























めっちゃ疲れる。



































それを何とか表情に出さないように


頑張って質問に答えていると、


今まで私たちを見て黙っていたはず


のジュンさんが口を開いた。


















































































ジュン
もしかしてだけどさ
ジュン
隠す理由って、
体に傷があるからとか??











































































あぁ







終わった。