無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

A










あなたside










スングァン
凄い!凄すぎる!!
ホシ
すっごく上手だね!!
ジョンハン
やば………
エスクプス
凄いな………










歌を歌い終われば歓声と拍手の嵐。










一体何がすごいの?





私はただ、踊って歌っただけ。











それのなにが凄いの??





これが普通じゃないの?







私の何が凄いの??




















ボノニ
おーい??
あなた

ビクッ

ボノニ
大丈夫??
あなた

……はい。

ジス
どこか調子悪いの??
あなた

いえ、そんなことは。

エスクプス
とりあえず、宿舎に帰るか?
あなた

……すみません。

エスクプス
大丈夫だ。お前は輝いていたぞ。
あなた

………













私の何が輝いていたって言うんだろう………
人は輝かないのに。

























エスクプス
みんなお前が入ることに賛成だから。







そう、エスクプスさんが言う。








それにほとんどの人がうなづいてくれた。





















































___________________1部を除いては






























ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一体誰が反対なんでしょうか???



予想してみて👍🏻👍🏻👍🏻