無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話





















あなたside






























ジュン
もしかしてだけどさ
ジュン
隠す理由って体に傷があるからとか?





























こいつ………。













言いやがった。











































周りから聞こえるざわざわ声。





















中には口を抑えているやつまでいる。











































一旦周りを見渡し、また、正面に視線を


戻す。









































勝ち誇ったような顔をするウォヌさん。




真っ直ぐ私を見るジュンさん。



























































しばらく長い沈黙が続く。
















































ジュンさんは私の目を見たまま

























ジュン
全てを話してよ。
ジュン
By




















なんて、さっきよりワントーン



低い声で言った。











































でも、私は話さない。







































だから、



































あなた

……ただの痣ですよ。

あなた

子供の時に作られた。



















































と、言って練習室から出た。





















































































その後、SEVENTEENのみんなが会議を



していたなんて知るのはまだ後のこと。