無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

#14
あなたside
私は佐久間さんに教えられた通りに地下に行くと本当に部屋があってびっくりした。(信じてなかった訳ではないけど。)
その後は、1階にあるリビングに行った。
宮舘涼太
あれ、あなたちゃんどうしたの?
あなた

今、家の中を散策して来たところで…

岩本照
そうなんだ。じゃあ、こっち来て一緒にテレビ観よう?
あなた

良いんですか?

田中樹
良いに決まってんじゃん。ほら、あなたこっち来て。
あなた

じゃあ、観ます!

そう言って田中さんの隣に座ると…
田中樹
何で隣なの?俺の膝の上に乗ってよ〜
あなた

ヘ⁉

髙地優吾
ちょっと樹。あんまりあなたちゃんを困らせんなよ。樹の隣はあんまり安全じゃないから俺の隣ね。(手を引っ張りながら)
あなた

あ、はい。

結局、髙地さんと松村さんの隣に座った。あ、リビングにいるのは、舘さん、髙地さん、松村さん、岩本さん、田中さんの5人です。皆さんかっこいいけど、特にこの5人って大人っぽいし何か心臓に悪いな…。
あなた

あの、何を見るんですか?

松村北斗
この前俺たちが出た音楽番組。仕事で皆揃って見れなかったから。
宮舘涼太
じゃあ、つけるよ。
それから私達はその音楽番組を観た。初めて見たけど、凄いかっこいい!歌もダンスも揃っててめっちゃ迫力があった。
田中樹
あなたどうだった?
あなた

凄いかっこいいです!なんか、あの、はい!かっこよかったです!言葉に表せないぐらい!

岩本照
(笑)ありがとう。めっちゃ嬉しいんだけど。
松村北斗
はは(笑)めっちゃ可愛い。(頭を撫でる)
え…?今、松村さんに頭撫でられてる?ち、近い。//
田中樹
うわっ、北斗ずるい!俺もあなたに触りたい!
松村北斗
いや、樹だと絶対変な事するでしょ。
田中樹
しないわ!
田中さんと松村さんのちょっとした口喧嘩が始まると舘さんに話しかけられた。
宮舘涼太
今から夕飯の準備するんだけど、手伝ってくれるかな?
あなた

あ、はい!

髙地優吾
あ、俺も手伝うよ。
宮舘涼太
じゃあ、今のうちに3人で夕飯作っちゃおう。
あなたがいなくなった後…
田中樹
あれ、あなたは?
松村北斗
本当だ、いない。
岩本照
あなたちゃんなら、涼太とコーチと夕飯作りに行ったぞ。
2人
えー…