無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

#7
佐久間side
昼ごはんを食べ終わり、自分の部屋に行くと、あなたちゃんはベッドで寝ていた。
佐久間大介
…寝顔可愛い。っていうか、部屋めっちゃ綺麗になってる!
あなた

ん〜?

佐久間大介
あ、ごめん寝てたのに。
あなた

ふわぁ〜。大丈夫ですよ。あれ、もうお昼ごはんは食べたんですか?

佐久間大介
うん!あ、あなたちゃん今暇?
あなた

はい、特にする事はないです。

佐久間大介
じゃあ、皆の部屋案内するから付いてきて?
俺はそう言うと、あなたちゃんを部屋から連れ出し、案内を始めた。最初は隣のしょっぴーと舘様の部屋にしよう!
2階
| 貴&佐 | 翔&涼 | 階段

| 亮&康 | 蓮&ラ | 照&辰 |
3階
| 物置き | ジ&慎 | 階段

| 物置き | 樹&髙 | 大&北 |

(きょもと北斗くんは仲が良いという設定でお願いします。)
🚪コンコン
佐久間大介
しょっぴー!舘様!今、いい?
🚪ガチャ
渡辺翔太
そんな大声出さなくても聞こえてるから!
宮舘涼太
あ、あなたちゃんいらっしゃい。
あなた

こ、こんにちわ。

佐久間大介
にゃはは(笑)そんな緊張しなくても大丈夫だから!
あなた

だって、何か雰囲気が凄いんですもん。え〜と…

宮舘涼太
あ、俺は宮舘涼太です。よろしくね。
渡辺翔太
俺は、渡辺翔太。よろしく。
あなた

よろしくお願いします。…部屋綺麗ですね。

宮舘涼太
ありがとう。
佐久間大介
ほとんど舘様が掃除してるからね!
渡辺翔太
そうそうって俺だって掃除するわ!あ、あなたちゃん。美容に関する事だったら何でも聞いて。俺、詳しいから。
あなた

確かに。渡辺さん、たくさん美容関係の道具持ってますね。

渡辺翔太
うん。あと、シナモロールも!
ギュッ
しょっぴーがシナモロールを抱きしめると
あなた

ふふっ何か子供みたい。

と、笑ってくれた。
渡辺翔太
っていうかさ、渡辺さんじゃなくていいよ。
宮舘涼太
うん、それは思った。
あなた

じゃあ何てお呼びすればいいですか?

渡辺翔太
それも。敬語も要らないから。一緒に住むんだし!
宮舘涼太
俺らのことは、家族だと思って接してくれて構わないから。
あなた

家族…。

宮舘涼太
無理しなくてもいいよ。慣れてきたらで。
あなた

はい、ありがとうございます。しょっぴーさん、舘さん。

佐久間大介
よーし!じゃあ、他の所も行こっか。
あなた

はい。お邪魔しました!

渡辺翔太
いつでも来ていいからな〜
宮舘涼太
じゃあまた後でね。
🚪バタン
あなたちゃんが部屋から出ると…
渡辺翔太
何かしっかりしてるけど、ほっとけないよな〜
宮舘涼太
うん、可愛いよね
とデレデレでした。
Next 阿部ちゃんと康二くんの部屋