無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

#13
🚪コンコン
佐久間大介
コーチ!樹!
🚪ガチャ
田中樹
はーい。あ、入って良いよ〜
佐久間大介
お邪魔しまーす!
あなた

お邪魔します。

田中樹
コーチ、起きて!あなたちゃん来た。
髙地優吾
ん〜?…うわっ、びっくりした。
あなた

寝ている最中にすいません。

髙地優吾
あ、大丈夫。
田中樹
自己紹介するね。
俺は、田中樹。で、寝てた人が髙地優吾ね。よろしく。
あなた

よろしくお願いします。

髙地優吾
あれ、もしかして俺らの部屋で最後?
あなた

はい。

髙地優吾
そうなんだ。はぁ〜(伸びをする)めっちゃ寝たわ。
田中樹
マジでコーチ爆睡だったわ(笑)
おじいちゃんみたい(笑)
髙地優吾
だってマジで眠いんだもん。
あなた

ふふっ(何か微笑ましいなぁ)

田中樹
あ、笑った!可愛い〜
あなた

ヘ?いや、私なんて全然…

田中樹
いや、あなた、めっちゃ可愛いじゃん。ねぇ、コーチ?
髙地優吾
うん、可愛いと思う。
あなた

…あ、ありがとうございます。恥ずかしい…。

田中樹
っていうか、さっき呼び捨てで呼んじゃったけど、大丈夫だった?
あなた

あ、はい。全然好きなように呼んでもらって構いませんので。

佐久間大介
じゃあそろそろ出よっか。
あなた

はい。お邪魔しました。

田中樹
うん、いつでも来ていいからな〜
髙地優吾
また後でね。
🚪バタン
佐久間大介
全部の部屋回ったから次は家の説明しとくね。
あなた

あ、はい。

佐久間大介
1階はリビングと浴室、洗面所があるよ。
で、2階は俺らの部屋、3階はSixTONESの部屋。あ、各階にトイレが一つずつあるって感じだから。あとは、地下があって俺らのダンスとか歌とかの練習室になってるかな。
あなた

地下⁈凄い…。

佐久間大介
分かる(笑)俺も初めて見たときはめっちゃびっくりしたもん。
これくらいかな、説明は。あなたちゃん、これからどうする?まだ夕飯までは時間があるけど。
あなた

ちょっと家の中を散策してきても良いですか?

佐久間大介
全然良いよ〜じゃあ、俺は部屋に戻るからまた後でね。
あなた

はい。ありがとうございました!