無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

30
2021/09/23

第10話

7話「結末」
当てもなく彷徨うセミの群れに
水もなくなり揺れだす視界に
モブ
モブ
どうして家出なんてしたんだ!!
迫りくる鬼たちの怒号に
すぴぃ。
すぴぃ。
あははっ!
ふらっぺ
ふらっぺ
逃げろー!
そーだ
そーだ
急げ急げ!
らて
らて
捕まるよ!
みるく
みるく
いこいこ!
馬鹿みたいにはしゃぎ合い。
ふと君はナイフを持った。
すぴぃ。
すぴぃ。
何でそれを持つの?
みるく
みるく
みんなが傍にいたから此処までこれたんだ。
みるく
みるく
だからもういいよ。もういいよ
みるく
みるく
『死ぬのは私一人でいいよ。』
ザシュッ
鈍い音が聞こえて、君を見たら。
すぴぃ。
すぴぃ。
え・・・・
らて
らて
グスッグスッ
そーだ
そーだ
何で・・・(涙)
ふらっぺ
ふらっぺ
死んじゃったのお!
君は首を切っていた。



まるで何かの映画のワンシーンだ。





白昼夢を見ている気がした。
モブ
モブ
もう逃がさないからな!
気付けば私たちは捕まって。
君だけが見付からなくって。
みるく
みるく
てぃー!
すぴぃ。
すぴぃ。
みるく‥‥
そして時は過ぎていった。
ただ暑い暑い日が過ぎてった。
お母さん
お母さん
てぃー!晩御飯できたわよ!
家族も
クラスメイト
クラスメイト
てぃー!
遊ぼうぜ!
クラスの奴らもいるのに





なぜか君だけが何処にもいない。
あの夏の日を思い出す。


私は今も今でも歌ってる。
すぴぃ。
すぴぃ。
みるく~どこ~?
すぴぃ。
すぴぃ。
いるんでしょ?ねえ。
ふらっぺ
ふらっぺ
みるく!観念して出てきて!
そーだ
そーだ
お~いみるく!
らて
らて
出てきてー。
君をずっと探しているんだ。
君に言いたいことがあるんだ。
九月の終わりにクシャミして、
6月の匂いを繰り返す。
みるく
みるく
えへへっ
君の笑顔は。
君の優しさは。
頭の中を飽和している。
すぴぃ。
すぴぃ。
誰も何も悪くないよ。
らて
らて
誰も何も悪くはないから。
『もういいよ。投げ出してしまおう。』
すぴぃ。
すぴぃ。
そう言ってほしかったんでしょ?
すぴぃ。
すぴぃ。
ねえ________________
みるく。