無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

プロローグ#8
こうしてあなたは23歳の若さでこの世を去りました。

マウス達に出会えたのは死の間際にみせた夢か、幻かそれとも・・・・。

それは誰にも分かりません。

ただ彼女の記事はやがて奇跡を起こし世界中のマウスを救う事になるのです。
それは全てのマウスが望んでいた希望の光。

でも、それはもう少し先の話です。

この物語はこのエピローグを最後に彼女がマウス達に出会頃まで遡ります。











この物語は絶望の中に僅かな希望の光を抱き運命に抗い続けた。
マウスと呼ばれた5人の女性の物語です。




CMみたいなやつ制作してしまいました(笑)
この曲は舞台のオープニングの曲です。
↓ ↓