無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,453
2020/12/25

第1話

🔞


side you


昨日まで彼の活動によるイベントで帰って来れていなかった私の彼。(語彙力)

つまり、今日は久しぶりの2人の夜。


甘えていいかなって、、

少しだけ期待して、

彼のいるベッドに入ったら、




ギュッ





莉 犬
ちょっとだけ…




私が甘えられる側みたい。



久しぶりの彼の温もりが嬉しくて、

私からも抱きしめ返す。

鼻が潰れるくらい思いっきり顔を埋めて。


すると彼もそれに応えるように

強く抱き締めてくれる。






暫くして、彼の腕が緩くなる。

少し不思議に思って顔を上げると、





莉 犬
チュッ____


唇を重ねられた。


驚きと反動で口を僅かに開くと、


彼の舌がぬるりと侵入してきた。


あなた

ふ…ぅっ、ん、




離れたかと思うと、

強く私をベッドにおさえつける。



そして、私の耳元で囁いた。




莉 犬
久しぶりだし、、いいよね、?


吐息混じりの彼の声に、身体が反応する。
彼がそれを見逃さないわけが無い。

莉 犬
ふ、かわい



唐突の褒め言葉に顔が赤くなるのを感じる。
俯こうとすると、

それを阻止するように、

再び彼の唇が重なった。



あなた

ん、、ふ…っ…

()
莉 犬
っ、は、ねぇ、、あなた?
あなた

、ん?

莉 犬
俺がいない間もさ、
莉 犬
1人でこーゆー事してたの?
あなた

ッ、//


図星。



だって寂しいじゃん。



恥ずかしくて再び顔が赤くなる。



莉 犬
ふぅーん
莉 犬
あなたも変態だね
()
あなた

ごめんなさい…

莉 犬
じゃ、
莉 犬
優しくしなくていいってことだよね


そう吐き捨てて、

私の服を脱がし始める。


もう寝るだけだったから、

すぐ脱げるようなダボダボな服。



上半身の服をぬがして見るなり言った。


莉 犬
勃ってるじゃん
莉 犬
えっろ
あなた

……っ…!!//

()
勃っている私の乳首を指先でつつくように弄る。

あなた

んっ、はぁ

()
莉 犬
自分でもこうやって弄ってたんでしょ?


薄いニヤつきを見せながら、

また私の乳首をグッと押し付けて

たずねてくる。


あなた

あっ、、//

あなた

そう、、だよ、?




もう全部暴露して開き直ってしまえ、


そう思って正直に話したのがいけなかった。



莉 犬
ダメな子。



急に声色が変わったかと思うと、

私の胸に口を近づけ、



莉 犬
チュッ…ペロッ…
舐め始めた。
あなた

あッ…ッ//



指でいじられた時とはまた違う快感に溺れる。


莉 犬
1回、乳首でイッとこうか、


そう言い、乳首を舌で覆うようにして舐める。


あなた

や、ああっ…♡



舌先だけを使って舐めたり、

咥えるようにして舐めたり。


時々、舌先で乳首を押されたり、

甘噛みされたりする度、


身体が大きく反応する。
そんなふうに色々な方法で乳首を舐められ、

大きく吸いつかれた時。


あなた

や、んぁッ♡


私はイってしまった。



莉 犬
おつかれ、あなたッ、!


私が果てているのもお構い無しに、

彼は自分のモノを挿れる。


あなた

や、まってッ、、あッ♡//

( )
莉 犬
言ったじゃんっ、
莉 犬
優しくしないって、ッ


快感に体力が追いつかなくて、

思わずシーツを握りしめる。



あなた

あっ、んあっ♡




パンパンッ…ズチュ…ッ…


あなた

…ッ//だめっ…♡やらッ…//

( )
莉 犬
あなたッ…//
莉 犬
イクっ…♡//
あなた

んっ、//

あなた

いーよっ、?

莉 犬
ゴムしてないよ、?//
あなた

うん、//



すっかり快感に溺れていた私には、

そんなこと考えられなかった。


莉 犬
いーのっ?
莉 犬
俺も溜まってたからッ、//
莉 犬
いっぱい中に出しちゃうよ、?
()
あなた

あのね、?

あなた

一緒にイキたいッ、//

私ももう限界だった。


莉 犬
ッ///
莉 犬
あなたかわい、//
莉 犬
出すからね、?
あなた

うんッ、//

()
あなた

あっ、あんっ…♡//

莉 犬
あっあぁッ…//


こうして同時にイった私達。

勿論、中に出された。


彼が疲れたのか、私の方によろけて倒れ込んできた。



莉 犬
処理…する…?
()
あなた

ん…あとで…




とか言いつつ処理を忘れて子供が出来たんだとか。(










* * * * * *



え ま
え ま
はじめまして
え ま
え ま
え ま と申します🙌🏼
え ま
え ま
1回書いてみたかったんですよ、
え ま
え ま
なんのストーリー性もない
ただただえっちなお話を。(
え ま
え ま
ま、私の性癖というか、
見てみたいプレイというか、
え ま
え ま
要するに自己満ですね((
え ま
え ま
よければ見ていってください、
一緒に🔞語りましょ(
え ま
え ま
仲良くなるくらいなら、
すんごいどエロい話とか語れるくらいの変態がいいなって思っている変態なんです。((
え ま
え ま
そんなどーでもいいお話でした!(