無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

-2



🍑 「ぱくじみんってあのぱくじみん?」



「そうだよ」



🍑 「いつも1人の?」



「そうだけどそんなにびっくりする?」



🍑 「そりゃ」



🍑 「てかなんで好きになったの?」



「いやあのね」







.


2、3日前の放課後



19時



「居残りとか最悪」



「まじあの先生⚫ね」



「絶対教室に誰もいないじゃん」



「本当に最悪」



教室



「︎︎☁︎︎あれ…誰かいる」



🐥 「아무렇지 않은데
그렇게 말하는데
사실은 내가 그게 아닌가봐~♪」



「綺麗…」





ボソッっと言った一言ぱくじみんには聞こえた見たいで



🐥 「え、」



「あ、ごめんなさい盗み聞きとかするつもりとかじゃなくて」



🐥 「大丈夫です。さようなら」



「まっ…」



その言葉は届かないまま帰っていったぱくじみん






でもその目には涙が流れていた



(画像消えてたらごめんなさい🙏🏻)