無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

-



🐥 「あなたさん」



🐥 「僕と付き合ってくれませんか?」



思考停止中( ˙-˙ )



じみん君の好きな人はモモじゃないくてうち?



え?



え?



え?



え?



え?



え?



え?



え?((しつこい



「本当に…??」



🐥 「話しかけられる前からずっと、ね」



「えぇぇぇぇ」



🐥 「モモさんと話してる時とか笑顔で可愛くて」



🐥 「だけど勉強になると頭抱えたりとか」



🐥 「表情がコロコロ変わって」



🐥 「だけどその表情1つ1つが可愛くてずっと見てた」



🐥 「付き合ってくれませんか?」



「もちろんお願いします((グスッ」



🐥 「本当に!?」



「うん((グスッ」



🐥 「あぁ…泣かないで」



「うれしくて、」



「最初はただのクラスメイトだったけど」



「あの日の放課後じみん君の姿見て」



「気になり始めて話せるようになって」



「今こうして告白されて嬉しいの」



🐥 「ッッ可愛い。///」






「へっ…////」



🐥 「なんでもないっ!帰ろ?」



そう言って手を出したじみん君



私もその手をとる



これから幸せな日が続く
























と思ってた