無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

-



🐥 「あなたま,またねッ!/」



「ッッ//ま,また明日!!」



名前…



呼び捨てで読んでくれた…



「///」



やばい,このまま家に入ったら



오빠達になに言わr…



🐭 「なに突っ立てんの邪魔」



「す,すみませーん」



🐭 「なに素直じゃん」



まじ오빠タイミング最悪かよ



「오빠先にどーぞ、」



🐭 「なにお前熱でもあんの」



「な,ないよ」



🐭 「でも顔赤いしそれに」



🐭 「いつもより素直じゃん」



「いつも素直ですがなにかぁ」



🐭 「それはどうだか」



「素直で何が悪いんですかぁ」



🐭 「前の方があなたらしいけど…



「?」



🐭 「何でもない」



🐭 「ほら入るぞ」



「うん」



てか気づいたら顔の赤さも引いてて



ゆんぎ오빠はおんまとじん오빠に





見られないようにしてくれたのかな



そういうとこは大好きだよ()