無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第33話

-


@ 翌朝



「いい朝☆」



今日は目覚めも良くて



じん오빠のご飯じゃなかったからすんなり学校に向かえた



@ 駅



「☁あれってもしかして」



「じみん君ッ!」



🐥 「あなたさん?」



「今日はさんなの?」



🐥 「え?」



「昨日の帰り呼び捨てだったから…」



🐥 「呼び捨てがいい?」



「うん」



🐥 「じゃじゃじゃあなたも呼び捨てね…//」



「わわ分かったッ!//」



なんなのこのカップル((



🐥 「でで電車来たからいこっ!」



「ううううん!」



なんか二人とも照れちゃってぎこちなくなってる



まぁ毎朝のように朝の電車は激混み



だけど今日はなんか心臓がうるさくて



だって目の前でじみんが壁ドンしてくれてるから



大丈夫だよって言ったんだけど



危ないからダメって



本当に毎日じみんは私の心を壊します