無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

-12



放課後



🔨 「あなたとじみん職員室な」



🐥 「「はい」」



🍑 「先帰ってるね」



「うん」



「まってて」



🍑 「2人で帰るチャンス♡」((小声



「ハードル高くね?お?( ˙-˙ )」



🍑 「화이팅♡あんにょーん」



まっててくれ



モモ氏



話すこともままならないうちに



一緒に帰れと



酷いぞ



🐥 「…さん」



どうしろと



🐥 「あなたさん!」



「わっ!//」



いや、ちょっとあの



顔近いです/////







「あ、いや大丈夫!!!/」



🐥 「はやく行こう」



「うん」



タメのままだ嬉しい!



こんな私は単純ですか?