無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

-8



ぬぉぉぉぉぉぉぉぉぉ((ダッシュなう



まだ間に合う



走れあなた



学校が見えてきたではないか



時間は8:10



あと5分



余裕



さすがあなた



もう歩くか((アホか



「走るの疲れた。」



体育3の私に家から学校の距離走るのは



無理がある( ˙-˙ )



「まぁ大丈夫っしょ」((アホか



学校目前



あと1分



「え、やばい」



走ろ((今更感



ぬぉぉぉぉぉぉぉぉぉ((本日2度目



「いける!あなたならいける!」



教室目前



🔔キンコー…



ガラガラッ((扉開ける音



「よっしゃギリギリセーフ!!!!」



🔨 「ん?」



🔨 「ギリギリアウト」



「なんで!まだチャイムなり終わってないですぅぅ」



🔨 「チャイム鳴りはじめてるから」



「酷い!」



🔨 「学校のルール」



「うぇっ」



🔨 「文句ばっか言ってないで早く座れ」



「うぇっ」



🔨 「出席とるぞー」



せっかくの努力の結晶が…



恨むぞ破壊神



🔨 「~~」



😶 「はーい」



あれ?



じみん君は?



お?



今日休みかな



楽しみなくなった



最悪



🔨 「23番ぱくじみん」



・・・



🔨 「あれじm…」



ガラガラッ



🐥 「すみませんッ遅れましたッ」



え、まて同士



🔨 「お前もか」



🔨 「2人居残りな」



🐥 「2人…?」



「本当に!?」



よっしゃ



🔨 「何嬉しいの?毎日にしてあげようか?」



「あ、そういうのいりません。」



🔨 「ちっじみんはやく座れ」



今舌打ちしたよね?



絶対したね



まぁ今テンション高いからいいや



ぬふふふふふふ( 亝👄亝)♡